東叡山坂本口

マーカーはカメラ位置です。

旧寛永寺関連へリンク
寛永寺・本堂(根本中堂)寛永寺(常憲院霊廟勅額門)寛永寺(厳有院霊廟勅額門)寛永寺・旧伽藍跡(本坊・根本中堂)東京国立博物館寒松院本覚院輪王寺(両大師堂)寛永寺敷地跡(上野動物園)寒松院跡(藤堂家の墓所)旧寛永寺五重塔東京都美術館(寛永寺敷地跡)凌雲院跡(国立西洋美術館)東照宮上野大仏(大仏山パゴダ)旧上野寛永寺・時の鐘寛永寺子院11ヶ寺跡(上野駅)天海大僧正毛髪塔(旧本覚院跡)寛永寺(清水観音堂)不忍天神彰義隊の墓寛永寺・黒門跡

東叡山坂本口
[JR上野駅の東側、浅草出口から「入谷口通り」とよばれる道が北に延びている。根岸下谷の境を通り、入谷口通りは根岸3丁目交差点で「金杉通り」にバトンタッチして三ノ輪に至る。そこから現在の4号線をたどって南千住で浅草から来た表の日光街道奥州街道に合流するまでの道を奥州裏街道といった。奥州裏街道は昭和通りができるまでは北千住上野を結ぶ幹線道路だったのである。根岸下谷の地域には昔、坂本、金杉という町があった。坂本は比叡山の麓の町、坂本をまねたものである。  (「東京散歩」より)]

[善養寺は、天長年間(824-833)に開基である慈覚大師が上野山内に創立したと伝えられる天台宗の寺院で、正式には薬王山延寿院善養寺という。東叡山寛永寺末寺で、本尊薬師如来像である。江戸時代寛文年間(1661-72)に下谷坂本(後の下谷区善養寺町、元台東区上野公園)に移転した後、境内地が鉄道用地の拡張にかかるといいうことで、明治45年に北豊島郡巣鴨村大字巣鴨字庚申塚347番地(現在地・豊島区西巣鴨4-8-25)へ移転し、現在に至っている。 (東京都豊島区教育委員会抜粋)  (「猫のあしあと」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図左上・上野御山内右に描かれる門が東叡山坂本口になります。その右上の善性寺は善養寺になります。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [33]貮拾壹元」(コマ番号7/5・東叡山左下に新門が描かれています。その右下に善養寺が描かれています。)

江戸名所図会」・「東叡山坂本口」(絵左中ほどに新門が、その右上に善養寺が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「東叡山坂本口」(17-5)

カメラ南南西方向に東叡山坂本口があったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*