林田藩建部家上屋敷跡

マーカーは林田藩建部家上屋敷跡です。

林田藩建部家
[林田藩(はやしだはん)は、江戸時代播磨国揖東郡にあった藩。藩庁として林田(現・兵庫県姫路市林田町聖岡)に林田陣屋が置かれた。表高は1万石。
豊臣政権下で尼崎郡代700石であった建部光重の子・政長を藩祖とする。政長は池田輝政の養女(下間頼龍の娘)を母とする池田家一族であった。池田利隆忠継兄弟の幕下の大坂の陣で戦功を挙げ、元和元年(1615年)に伯父の池田重利とともに摂津川辺郡西成郡尼崎藩1万石を与えられ大名に取り立てられた。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩主池田家の転封により林田に移り、林田藩が成立した。
建部家は外様大名でありながら、明治維新まで10代政世まで250年余りに亘り林田藩を治めた。また3名の藩主が大番頭となっている。中でも、3代・政宇伏見奉行になり、後に寺社奉行にもなっている。
7代・政賢寛政6年(1794年)藩校・敬業館を開いた。9代政和は大番頭として京都二条城守護に就き、藩校敬業館振興のため、藩校の講師に河野鉄兜を迎えた。この敬業館の講堂は文久3年(1863年)に焼失ののち復興。講堂は現存しており平成4年(1992年)姫路市指定文化財に指定されている。
藩主家は明治2年(1869年)の版籍奉還後に華族に列した。林田藩は明治4年(1871年)の廃藩置県により林田県となり、その後姫路県、飾磨県を経て兵庫県に編入された。  (wikipedia・林田藩より)]

東京都立図書館アーカイブ – 東都下谷絵図(嘉永4[1851]/文久2[1862]改正)」[絵図四つ切左上に建部内匠頭(建部政和)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書. 十四之二(天保十六年・1844年)」[絵図中央下に建部内匠頭(建部政醇)が描かれています。]

カメラ位置は新妻恋坂交差点で、カメラ北東方向が林田藩建部家上屋敷跡になります。