護国院

スポンサーリンク

マーカーは護国院です。

護国院
[護国院(ごこくいん)は東京都台東区上野公園にある天台宗の寺院。寛永寺の子院である。「東叡山寛永寺護国院」と号し、「東叡山釈迦堂」の別名がある。谷中七福神の1つである大黒天を安置する。
寛永2年(1625年)、寛永寺の最初の子院として創建された。開基は生順。当初は寛永寺本坊の裏手、現在の東京国立博物館北側の寛永寺墓地の位置にあった。寛永7年(1630年)、天海によって釈迦堂が建立されると、その別当寺(管理寺院)となった。護国院は徳川家霊廟の建立に伴い2度にわたり移転し、現在地に移ったのは宝永6年(1709年)のことである。釈迦堂は享保2年(1717年)に焼失し、同7年(1722年)に再建された。1639年 藤原信実筆と伝える大黒天画像は寛永16年(1639年)、徳川家光によって奉納されたものである。  (wikipedia・護国院_(台東区)より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(絵図右上に護国院が描かれています。)

護国院 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が護国院山門です。

護国院本堂前のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*