黒田記念館

スポンサーリンク

マーカーは黒田記念館です。

黒田記念館
[1924年に没した洋画家・黒田清輝(1866年~1924年)が遺産の一部を美術の奨励事業に役立てるよう遺言したことから、1928年に黒田記念館が竣工された(設計:岡田信一郎)。1930年には、同館に美術に関する学術的調査研究と研究資料の収集を目的として、現在の東京文化財研究所の前身である帝国美術院付属美術研究所が設置された。
2000年に東京文化財研究所が新庁舎に移ったことに伴い、2階部分を中心に改修を行い、2001年9月に開館。記念館本館と書庫は、建造物として2002年に登録有形文化財に登録された。
2007年4月の独立行政法人国立文化財機構発足に伴い、黒田記念館は東京国立博物館の管轄となっている。 2012年4月から耐震補強の改修工事を行っていたが、2015年1月にリニューアルオープンされた。
黒田記念館 (東京上野)・wikipedia-photo  (wikipedia・東京文化財研究所#黒田記念館より)]

[湖畔(1897年、黒田記念館、重要文化財) – モデルは友人の画家安藤仲太郎が紹介した芸者で、当時23歳の金子種子。のちに清輝の妻となり照子と改名した。縦69cm×横84.7cm。描かれた地点は、箱根芦ノ湖の観光船の乗り場や箱根駅伝スタート地点のすぐ近くである。・wikipedia-photo
智・感・情(1899年、東京国立博物館黒田記念館、重要文化財) – 『智・感・情』(右から「智」「感」「情」)・wikipedia-photo
花野(1907年 – 1915年、東京国立博物館黒田記念館)・wikipedia-photo
梅林(1924年、東京国立博物館黒田記念館) – 絶筆・wikipedia-photo]

黒田記念館 – 東京文化財研究所ホームページ

黒田記念館 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が黒田記念館です。

スポンサーリンク