「佃島砲台跡」の説明版

マーカーは「佃島砲台跡」の説明版です。

「佃島砲台跡」の説明版
[佃島砲台 跡
所在地 中央区月島 一丁目一・二・十三・十四番地域
 江戸時代末期、佃島の南に位置するこの場所には、外国船の渡来に対処するための海防施設「砲台」が築かれました。
 江戸防衛・海防策の一環で砲台が築造されたのは、嘉永六(一八五三)年六月にアメリカ東インド艦隊司令長官ペリーが四隻の軍艦を率いて浦賀に来航し、日本の開国・貿易港の開港などを求めた出来事が契機でした。ペリー来航から二か月後の同年八月、幕府は非常事態に備えて品川沖に江戸防衛用の台場(砲台)築造を始め、翌年十一月までの短期間に「第一~第三・第五・第六・御殿山下」の六基(品川台場)を完成させました。
佃島の南に砲台が築かれたのは、品川台場の築造から約十年後の元治元年(一八六四)のことでした。砲台新設の契機となったのは、文久三年(一八六三)に勃発した薩英戦争元治元年の四国(英・米・仏・蘭)連合艦隊による下関砲撃事件などの出来事でした。幕府は、より強固な江戸湾防備体勢を敷くため、品川から越中島までの間に新たに海岸砲台の設置を計画し、佃島砲台もその一つとして築造されました。
 佃島砲台の規模は「東京市史稿」の「東京通志」によると「京橋区佃島南端海中ニアリ。東西凡三拾九間(約七十メートル)、南北凡四拾間(約七十二メートル)、面積凡千三百七拾坪。元治元年甲子幕府之ヲ築キ、明治に至リ修理ヲ加ヘ、陸軍省ニ属ス」とあります。
 明治期には、陸軍省所管の砲台となりましたが、明治二十年(一八八七)に始まった月島築造工事の際に、佃島砲台を基点として月島第一号埋立地 (現在の月島一~四丁目)の埋立が進められ、工事の過程でその姿を消しました。
 平成二十二年三月  中央区教育委員会  (「佃島砲台 跡 – Monumento(モニュメント)」より)]

佃島砲台跡 - Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向に「佃島砲台跡」の説明版があります。