佃小橋

スポンサーリンク

マーカーは佃小橋です。

佃小橋
[佃小橋(つくだこばし)は、佃川支川に架かる橋である。橋の両岸とも東京都中央区一丁目である。
外観は、朱塗りである。欄干の装飾などにも、歴史的な意匠が施されている。
●橋長 : 12.5m
●架橋 : 1984年(昭和59年)3月
佃小橋の下の、佃川支川の川底には、3年に1度行われる住吉神社の例大祭に用いる「抱木」(大幟の柱)が、保存のため埋設されている。例大祭の際には掘り起こされる。佃小橋から見ることができる位置には、佃住吉講によって、このことを知らせる案内板が設置されている。
所在地である佃の象徴的な風景として、佃小橋と大川端リバーシティ21の超高層マンション群をあわせた風景が撮影されたり、佃小橋の上からの風景が撮影されることが多く、公開されているものも多い。
佃小橋・wikipedia-photo  (wikipedia・佃小橋より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 京橋川筋南之方芝口橋川筋限木挽町築地鉄砲洲辺迄一円之絵図 : 天保九年」(絵図右上に「佃島」が描かれ、島中央に「佃小橋」が描かれています。)

カメラ位置は佃小橋です。

佃川支川南端の360citiesです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*