佃島渡船場跡

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    佃島渡船場跡
    [現在の佃大橋付近にあった渡し。はじめは佃島の漁民たちと湊町(湊)とを結ぶ私的な渡しであった。佃島は漁村のほか、藤の花の名所でもあったため、江戸期には不定期に渡船が運行されていたが、日常的に運行されることはなかった。
    明治期に入り、佃島や石川島月島に造船所などが生まれると従業員のための重要な交通機関として発展し、明治9年の運賃記録によると1人5厘の料金だったようである。1883年(明治16年)には定期船の運行が開始、1926年(大正15年)に運営が東京市に移管された。翌昭和2年3月には無料の曳船渡船となった。一日に70往復という賑わった渡しであったが、1964年(昭和39年)8月27日、佃大橋(約800メートル)架橋に伴い廃された。佃大橋両岸に渡し跡の碑が残る。架橋後は造船所を中心に更に大きく賑わい、混雑した。
    佃島の渡し碑(中央区)・wikipedia-photo  (wikipedia・隅田川の渡しより)]

    [佃島渡船場跡
    所在地 中央区3丁目18番~1丁目11番4号
    佃島は隅田川河口にできた自然の寄洲(よりす)でした。江戸幕府初代将軍徳川家康の時、摂津国佃村(大阪市西淀川区)の漁民を招いて住まわせたところと伝承されています。この島と対岸の船松町(佃大橋西詰付近)との間に正保2年(1654)に通ったのが佃の渡しです。
    明治9年(1876)には、渡し銭一人5厘の掲示札の下付を願い出て許可され、大正15年(1926)東京市の運営に移り、翌昭和2年3月に無賃の曳船渡船となりました。「佃島渡船」の石碑は、手こぎ渡船を廃止した記念として、この時期に建てられたものです。
    昭和30年(1955)7月には1日70往復にもなりましたが、同39年8月の佃大橋の完成によって300年の歴史を持つ佃島渡船は廃止されました。
    渡船の歴史を記念する史跡として、中央区民文化財に登録されています。
      平成16年3月  中央区教育委員会  (「佃島渡船跡 – ビバ!江戸」より)]

    カメラ東北東方向・桜の木左に明治後期からの佃島渡船場跡碑と案内板があります。「佃島渡船場跡 – Google Map 画像リンク

    カメラ北西方向・階段左に佃島渡船碑があります。「佃島渡船場跡之碑 – Google Map 画像リンク

    佃島渡船場資料リンク
    [佃島渡船場跡碑画像リンク案内板画像リンク  (「築地川(5)「鉄砲洲」」より)]

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図

    京橋南芝口橋築地銕炮洲邉絵図 / 玉香園主人 [編] 」・「請求記号:文庫10_08631 4カット – 3

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *