佃源田中屋

スポンサーリンク

マーカーは佃源田中屋です。

佃源田中屋
[佃煮発祥の地『佃島』で170年の歴史を刻むつくだ煮の御三家
 徳川家康江戸幕府を開く時に、かつて世話になった摂津国佃島(現大阪市西淀川区佃町)の漁民33名を江戸に呼びました。彼らに石川島に近い島を居住地として与え、故郷の佃村にちなみ『佃島』と名付けました。彼らはこの地で白魚などの漁をしていたのですが、海が荒れて漁に出られない時や漁期や忙しい時の保存食として佃煮が生まれたのです。
 当初は東京湾内で捕った小魚類を塩辛く煮込んでいましたが、千葉より醤油が伝わると醤油煮調理方が一般的になりました。佃島で作られていたため佃煮と命名され、その後は江戸市中でも売られるようになったそうです。
天安』・『佃源田中屋』・『丸久』・の老舗三軒が『佃煮・御三家』と呼ばれ、現在も営業しています。それぞれ、天保8年(1837)・天保14年頃?(1843)・安政6年(1859)の創業です。  (「天安・佃源田中屋・丸久(つくだ煮・御三家)」より)]

佃源 田中屋 | 東雲タウン新聞

佃源 田中屋 (つくげん たなかや) – 月島/和食(その他) [食べログ]

カメラ南方向が佃源田中屋です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*