岩瀬忠震屋敷跡

マーカーはカメラ位置です。

岩瀬忠震
[岩瀬 忠震(いわせ ただなり)は、江戸時代後期の幕臣、外交官である。列強との折衝に尽力し、水野忠徳小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された。維新後に正五位を贈られた。島崎藤村の「夜明け前」にも登場する。
旗本・設楽貞丈の三男で、麻田藩青木一貫の曾孫、宇和島藩伊達村年の玄孫であり、男系で伊達政宗の子孫にあたる。母は林述斎林家の大学頭)の娘で、おじに鳥居耀蔵林復斎、従兄弟に堀利煕がいる。岩瀬忠正(※岩瀬市兵衛忠正)の養子となり、岩瀬家の家督を継いだ。
嘉永7年(1854年)、老中首座・阿部正弘にその才能を見出されて目付に任じられ、講武所蕃書調所長崎海軍伝習所の開設や軍艦、品川の砲台の築造に尽力した。その後も外国奉行にまで出世し、安政2年(1855年)に来航したロシアプチャーチンと全権として交渉し日露和親条約締結に臨んだ。
安政5年(1858年)にはアメリカの総領事タウンゼント・ハリスと交渉して条約締結に臨み、日米修好通商条約井上清直と共に署名するなど、開国に積極的な外交官であった。ハリスは、「井上、岩瀬の諸全権は綿密に逐条の是非を論究して余を閉口せしめることありき。…懸かる全権を得たりしは日本の幸福なりき。彼の全権等は日本の為に偉功ある人々なりき」と、後に当時の交渉のことを書き残している。
幕府は条約で決められた神奈川に代わり、対岸の横浜村に開港場を設けることとしたが、忠震は条約の文言を重視して神奈川開港を主張した。
同年、13代将軍・徳川家定将軍継嗣問題徳川慶喜一橋徳川家当主)を支持する一橋派に属し、大老となった井伊直弼が反対派や一橋派の排斥を行う安政の大獄作事奉行に左遷された。安政6年(1859年)には蟄居を命じられ、江戸向島岐雲園で書画の生活に専念した。文久元年(1861年)、44歳で失意のうちに病死した。
墓所は東京都豊島区雑司ヶ谷霊園横浜市新城市に顕彰碑がある。  (wikipedia・岩瀬忠震より)]

岩瀬忠震屋敷資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(絵図中央左・西本願寺の上方向、永井遠江守下屋敷に抱えられるように岩瀬市兵エと描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 京橋川筋南之方芝口橋川筋限木挽町築地鉄砲洲辺迄一円之絵図 : 天保九年」(絵図中央付近「万年橋」右、「木下次之助右下に「岩瀬市兵衛」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 七之二」、「御府内往還其外沿革図書. 七之三」(2/2・西本願寺上方向・亀井登之助下に岩瀬市兵衛と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 七」(76/147・西本願寺上亀井登之助下に岩瀬市兵衛と記述されています、78/147・石川内蔵太下、79/146・石川監物下)

市兵衛河岸
[市兵衛河岸はかつて当地に岩瀬市兵衛の屋敷があったことが地名の由来という(「東京案内」など)。沿革図書によると、延宝―享保年中(1673―1736)に船河原(ふながわら)橋近くの神田川沿いの地に岩瀬市兵衛家(幕末の外交家岩瀬忠震は岩瀬市兵衛忠正の養嗣子)が屋敷を構えていた。  (「小石川新諏訪町 | 仲介手数料最大無料の東京賃貸事情」より)]

[水道橋駅近くにあるこの場所。これは現在の飯田橋駅から水道橋駅にかけてあった市兵衛河岸(いちべえがし)という神田川の物揚げ場の名残で、この場所は1875(明治8)年から1933(昭和)年まで、後楽園一帯にあった砲兵工廠の荷揚げ場として利用されました。現在でも防災船着場として利用されています。  (「小石川後楽園~東京都文京区~ – 裏辺研究所」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十二之二」(16/134~18/134・地図上、船河原橋左に岩瀬市兵衛と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝愛宕下絵図」[絵図左中央下付近・御先手組右の設楽弾正が岩瀬忠震の実家になります。描かれている坂は三年坂です。設楽弾正屋敷の一軒置いた南隣が下曽根信敦屋敷です。(明治の政治家・前島密は国防考察のため、全国の港湾を見て回り、江戸にもどり、旗本の設楽弾正の屋敷に移り、設楽の兄岩瀬忠震に接し英語を学ぶ必要性を感じ、幕府の砲術家下曽根金三郎に西洋砲術を学び、設楽の臣中条某に数学を学んだ。 「前島密年譜‐日本郵政」より)]

カメラ位置は晴海通り・京橋郵便局角で、御府内往還其外沿革図書. 七之二から推定するとカメラ西方向、晴海通りも含んで、岩瀬忠震屋敷跡のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*