徳島藩蜂須賀家中屋敷跡

マーカーは徳島藩蜂須賀家中屋敷跡です。

徳島藩蜂須賀家中屋敷
[徳島藩(とくしまはん)は、阿波国徳島県)・淡路国兵庫県淡路島)の2国を領有した藩。藩庁は徳島城(徳島県徳島市)に置かれた。藩主は外様大名蜂須賀氏。支藩として一時、富田藩があった。  (wikipedia・徳島藩より)]

郷土室だより - 中央区立図書館」 – 「29.切絵図考証一六 安藤菊二(PDFファイル:1328.58 KB)」(松平阿波守 – 3p,4pに中屋敷が蔵屋敷であると記されています。)

徳島藩蜂須賀家中屋敷資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図(嘉永二年・1849年)」(絵図中央付近・松平阿波守が徳島藩蜂須賀家です。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 七之二(文化五・1808年)」(絵図四つ切右下に松平阿波守が描かれています。) – 「御府内往還其外沿革図書. 七」[コマ番号90/147・安永年中(1772年-1781年)之形から、コマ番号95/147当時之形(文化五・1808年)まで右ページに松平阿波守が描かれています。]

京橋南芝口橋築地銕炮洲邉絵図 / 玉香園主人 [編](嘉永6[1853])」 – 「請求記号:文庫10_08631 4カット

徳島藩蜂須賀家下屋敷跡中心付近で、カメラ方向右が鉄砲洲児童公園、左が中央区立中央小学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*