稲荷橋跡

スポンサーリンク

マーカーは稲荷橋跡碑です。

稲荷橋
[「稲荷橋」名残の橋名標が八丁堀地区と地区を結ぶ「鉄砲洲通り」にある。橋名の由来は、鐵砲洲稲荷神社があったことによる。寛永元年(1624)ころ、橋の南詰東側に遷宮し、明治元年(1868)現在地に移転したという。同神社は中央区民文化財・建造物に指定されている。
ここは堀川の「八丁堀」が流れていたところだ。亀島川から京橋川結節点までの距離が八丁(約870m)あったので八丁堀とされるが、この稲荷橋は亀島川に注ぎ込む河口の第1橋だった。明治期に八丁堀は「桜川」と名を変えた。この付近は埋め立てられたが、今でも何となく舟入らしい地形が感じ取れる場所である。この橋は、承応2年(1653)の承応江戸図にも描かれているので、元禄期の赤穂浪士引き揚げの際は、永代橋から高橋を経てここ稲荷橋を渡ったことだろうか。また、現鉄砲洲稲荷の東側あたりには、かの長谷川平蔵が住んでいたともいわれている。
京橋・大鋸町が終焉の地となった歌川広重の「名所江戸百景『鉄炮洲稲荷橋湊神社』」を見ると安政期の情景がはっきりと映し出されている。手前の亀島川に停泊した大型船のものであろう2本の帆柱の間に稲荷橋が描かれ、左(南)には朱塗りの塀に囲まれた稲荷社がある。水主たちの海上守護の神としても崇敬された。上り下りの船は荷を運ぶ。遠く西方には霊峰富士山が望める。八丁堀河口の往時の賑わいが活写されている。
かつて稲荷橋の南岸側は「南八丁堀」と呼ばれた一帯だ。『江戸名所図会』には、「湊稲荷の社」の条で「南北八丁堀の産土神(うぶすな)なり」と著している。南八丁堀にあった「鈴木学校」には明治17年(1884)に鏑木清方が入校し学んだ。昭和40年代に桜川(旧八丁堀)は次第に埋め立てられ、この稲荷橋をはじめ5つの橋が歴史から消えていった。この「稲荷橋」橋名標は埋め立て直前のものであろうか。この橋の付近は八丁堀にしろ、湊町(湊)、入船町(入船)などの地名・町名はかつて江戸湊の水辺であったこと示している。戦後も回漕店や船具店が軒をならべていたのが思い出される。  (「
<16>~八丁堀に架かった稲荷橋の橋名標 – 中央区観光協会特派員ブログ」より)]

稲荷橋資料リンク

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(絵図四つ切右下・亀島川との合流点前に描かれている橋が稲荷橋です。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 京橋川筋南之方芝口橋川筋限木挽町築地鉄砲洲辺迄一円之絵図 : 天保九年」(絵図中央上方向「松平阿波守」上に「稲荷橋」が描かれています。)

京橋南芝口橋築地銕炮洲邉絵図 / 玉香園主人 [編]」・「bunko10_08631_p0003.jpg

江戸方角安見図鑑」・「ru11_01312_0001_p0028.jpg

名所江戸百景」・鉄砲洲稲荷橋湊神社「wikipedia-photo

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「佃島其二湊稲荷神社」(2-36)[図会中央下に湊稲荷神社、富士塚が、神社左に稲荷橋が、その左に高橋が描かれている。また、湊稲荷神社の亀島川左岸・高橋の右に描かれているのは御船手向井将監の屋敷と思われる。]、「湊稲荷社解説・右ページ中程から」(2-33)

カメラ北東方向・街路樹右前に「稲荷橋」の橋名標があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*