築地川跡、数馬橋跡

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    築地川跡関連リンク – 「軽子橋跡」、「合引橋(三吉橋)」、「采女が原、万年橋」、「二之橋(采女橋)跡」、「本願寺橋(小田原橋)跡」、「岡山藩中屋敷跡、備前橋跡」、「明石橋跡

    築地川
    [築地川(つきじがわ)は、東京都中央区を流れ東京湾に注ぐ二級河川。現在は、ほとんどが埋め立てられ一部が残るのみである。
    江戸時代、この界隈の土地が造成され、海から陸になった際に埋め残された部分が築地川となったと考えられる。
    1953年(昭和28年)に東京都建設局が作成した河川表によれば、往時の築地川は、現在の隅田川の明石町付近(明石堀)から分流し、入船橋を通り、中央区役所付近から現在の首都高速都心環状線に沿い、浜離宮恩賜庭園の東側を通って隅田川に合流する河川とされている。この他に支川として本流の途中(現在の銀座料金所付近)から別れ隅田川に流れる東支川、聖路加国際病院付近から築地方面に向かい、築地本願寺の南側を通り東支川に合流する南支川があった。
    また1930年(昭和5年)に帝都復興事業により、現在の京橋料金所付近から中央区役所付近までを連絡する楓川・築地川連絡運河が堀割されている。
    築地川は、数度にわたる埋め立ての結果、本流の大部分・東支川・南支川・連絡運河は完全に消滅し、現在では本流が河口付近に750m程残っているのみとなっている。
    築地川公園・wikipedia-photo  (wikipedia・築地川より)]

    [時代小説の新聞広告に色刷りの江戸切絵図があり)、 「京橋南築地鉄炮洲」(文久元(1861)年)を見て、福沢諭吉は毎日海辺で、 潮の香を嗅いで暮していたんだな、と思った。築地本願寺から本願寺橋を渡 って御軍艦操練所のある南小田原町の一角から、数馬橋を渡って田沼玄蕃頭(相良藩田沼家)と 松平周防守(三河松井氏)の間を右折した突き当たりの角地が、川に面して奥平大膳大夫、つ まり築地鉄砲洲中津藩奥平家中屋敷慶應義塾の発祥の地だ。 対岸は明石町、すぐ 右に見える明石橋の先は、江戸湾である。  (「2012-07-25: 轟亭の小人閑居日記 馬場紘二」より)]

    築地川、数馬橋資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(絵図左中央・築地本願寺を囲むように築地川が描かれ、本願寺の右下方向・田沼玄番頭左上に数馬橋が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 京橋川筋南之方芝口橋川筋限木挽町築地鉄砲洲辺迄一円之絵図 : 天保九年」(絵図中央右上方向「備前橋」右上に「堺橋」(数馬橋)と描かれています。)

    京橋南芝口橋築地銕炮洲邉絵図 / 玉香園主人 [編]」・「bunko10_08631_p0003.jpg

    江戸方角安見図鑑」・「ru11_01312_0001_p0028.jpg

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・「西本願寺-1」(築地本願寺は、1679年に再建当時、「築地御坊」と呼ばれるようになった。なお、このときの本堂は西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた(wikipedia・本願寺築地別院より)。図会の下側に築地川(南支川)が描かれている。]、「西本願寺-2」[図会は築地本願寺表門付近で、図会左下に築地川(東支川)が描かれている。]

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「西本願寺-1」(2-40)、「西本願寺-2」(2-41)

    カメラ東南東方向が築地川の明石掘(現あかつき公園)で、カメラ位置は数馬橋跡になります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *