運上所跡(東京税関発祥の地)

スポンサーリンク

マーカーは運上所跡(東京税関発祥の地)碑です。

運上所跡(東京税関発祥の地)
[鎖国政策を続けた江戸時代には、長崎出島が、日本と外国を結ぶ唯一の港でしたが、幕末安政元年(1854年)に結ばれた日米和親条約を皮切りに、我が国は諸外国に対し、次々に港を開きました。
安政6年(1859年)、長崎、神奈川及び箱館(函館)の港に「運上所」が設けられ、運上事務及び外交事務を取り行うことになりました。これが税関の前身です。
その後、明治5年(1872年)11月28日、運上所は「税関」と呼称統一され、ここに税関は正式に発足しました。したがって、税関では毎年11月28日を「税関記念日」としています。
東京港における税関の歴史は、慶応3年(1867年)10月に幕府により、江戸築地鉄砲洲(現在の中央区明石町)に設けられた東京運上所までさかのぼることができます。一方、現在の東京税関は、昭和28年8月それまでの横浜税関東京税関支署を廃止して、首都東京を管轄区域とする税関として独立したのが始まりです。
●慶応3年(1867)10月 – 幕府、江戸築地鉄砲洲に運上所を開設
●明治5年(1872)11月 – 全国の運上所が「税関」と呼称統一される
●昭和28年(1953)8月 – 東京税関開設(横浜税関から独立)、東京都を管轄区域とする  (「東京税関の歴史 : 東京税関 Tokyo Customs」より)]

発祥の地コレクション/東京税関発祥之地」、「築地明石橋と東京税関(東京運上所) | 中央区 今昔物語 | 地域密着型 …

東京税関発祥の地碑(運上所跡) – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向に運上所跡(東京税関発祥の地)碑があります。

スポンサーリンク