三十間堀跡、「信楽茶屋」跡説明板

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    三十間堀跡関連リンク – 「紀伊國橋」、「三原橋跡」、「木挽町五丁目、木挽橋跡

    三十間堀跡説明板
    [三十間堀跡
    所在地 中央区銀座1から8丁目地域
    三十間堀は、現在の中央通り昭和通りとの間にあった、京橋川から汐留川にいたる入堀です。慶長17年(1612)江戸の舟入堀を整備するため、西国大名に開削工事を命じて完成しました。名称は堀幅が三十間あったことに由来します。江戸時代、西岸は三十間堀1から8丁目、東岸は木挽町1から7丁目で、沿岸には舟運の荷揚場として河岸地がありました。江戸時代初めの「武州豊島郡江戸庄図(寛永江戸図)には、堀の東側に尾張徳川家紀伊徳川家の蔵屋敷が並び、更に、京極・加藤・松平といった大名屋敷が並んでいる様子が描かれています。文政11年(1828)には両岸の河岸地が広げられ、堀幅は十九間に狭められましたが、その後も舟が盛んに行き交い、多くの荷物の運搬に利用されていました。明治17年(1884)の地図からは、北は真福寺橋・豊蔵橋・紀伊国橋・豊玉橋・朝日橋・三原橋・木挽橋・出雲橋といった多くの橋が架けられていたことがわかります。三十間堀は、戦後灰燼の山を処理するために、昭和23年(1948)から埋め立てが進められ、同27年7月の完了してその姿を消しました。平成20年3月 中央区教育委員会』  (「新訂 旅と歴史-§Ⅳ 「新橋・汐留」彷徨」より)]

    「信楽茶屋」跡説明板
    [向かって左側に積み上げられた五個の築石は、三十間堀のもので、8丁目12番地9号護岸より発掘されたものです。
    右側の石は、約1トン半あり8丁目10番地の4号、旧料亭蜂龍跡地から発掘されたもので、ここは江戸名所図絵にも描かれ、今日の信楽通りの源である「信楽茶屋」跡と言い伝えられております。  (「新訂 旅と歴史-§Ⅳ 「新橋・汐留」彷徨」より)]

    資料リンク
    武州豊嶋郡江戸〔庄〕図 – 国立国会図書館デジタルコレクション(1624-1643・寛永年間」(絵図中央下に八丁堀舟入の左に三十間堀が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(絵図4つ切り・左上に三十間堀が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 京橋川筋南之方芝口橋川筋限木挽町築地鉄砲洲辺迄一円之絵図 : 天保九年」(絵図左に「三十間堀」が描かれています。)

    「江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・金六町志からき茶店

     「江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「金六町志からき茶店」(2-46)

    三十間堀跡 – Google Map 画像リンク

    カメラ南西方向に「三十間堀跡」、「信楽茶屋跡」説明板があります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *