青木昆陽屋敷跡

スポンサーリンク

マーカーは青木昆陽屋敷跡です。

青木昆陽屋敷
[采女町の賜邸の中で、特に私の注意を惹くのは、延享6年(1748年)5月6日、評定所儒者の青木文蔵がこの地に邸を拝領していることで、東南北三方が通路、南が空地、東西15間、南北11間、坪数165坪と、東京都市史稿、市街編25に載せてある。『御府内沿革図書』所載の地図によると、旧地の大半は道路敷となったが、歌舞伎座の右斜前方の角地商店街の一角が、ほぼその地に該当する。  (「中央区立図書館 – 4.采女町史談 安藤菊二(PDFファイル:1047.70 KB)」より)]

[青木昆陽[あおき こんよう、元禄11年5月12日(1698年6月19日) – 明和6年10月12日(1769年11月9日)]は、江戸時代中期の儒学者蘭学者。名は敦書、字は厚甫、通称は文蔵、昆陽と号した。
江戸日本橋小田原町東京都中央区)の魚屋・佃屋半右衛門の1人息子として生まれる。浪人として京都の儒学者である伊藤東涯に私淑して儒学を学ぶ。江戸町奉行所与力加藤枝直(又左衛門)と懇意で、享保18年(1733年)に加藤の推挙により南町奉行・大岡忠相に取り立てられ、幕府書物の閲覧を許される。享保20年(1735年)『蕃薯考』(ばんしょこう)を発表した。
江戸幕府8代将軍・徳川吉宗は、飢饉の際の救荒作物として西日本では知られていた甘藷(現在の下総国千葉郡馬加村(現在の千葉市花見川区幕張)と上総国山辺郡不動堂村(現在の千葉県山武郡九十九里町)とで試作させている。この結果、享保の大飢饉以降、関東地方や離島においてサツマイモの栽培が普及し、天明の大飢饉では多くの人々の命を救ったと評される。
元文元年(1736年)には薩摩芋御用掛を拝命し、元文4年(1739年)には御書物御用達を拝命した。昆陽はサツマイモ栽培から離れ、また、幕臣となった。
寺社奉行となっていた大岡忠相の配下に加わり、甲斐国山梨県)・信濃国長野県)・三河国愛知県)など徳川家旧領の古文書を調査し、在野の家蔵文書を収集して由緒書を研究。昆陽は収集した文書を分類して書写し、『諸州古文書』としてまとめられた。原本は所有者に返却され、家蔵文書の重要性を説き保存を諭している。のち紅葉山火番を経て評定所儒者となりオランダ語の習得に努め、弟子には『解体新書』で知られる前野良沢がいる。明和4年(1767年)書物奉行を命ぜられた。
明和6年(1769年)流行性感冒により死去、享年72。
昆陽の薩摩芋試作が関東における普及の直接の理由なのかどうか、佐藤信淵の指摘に見られるように疑問視する説もある。だが、昆陽が同時代に既に薩摩芋を代名詞とする名声を得ていたことは事実である。後世“甘藷先生”と称され、墓所の瀧泉寺(目黒不動)には「甘藷先生之墓」がある。また、甘藷の試作が行われた幕張では昆陽神社が建てられ、昆陽は芋神さまとして祀られている。  (wikipedia・青木昆陽より)]

青木昆陽屋敷資料リンク
国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書」 – 『「七-[147]」の44/147』[絵図中程の京極備後守の左に青木文蔵と描かれている。]

カメラ南方向角地付近が青木昆陽屋敷跡です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*