人吉藩相良家中屋敷跡

マーカーは人吉藩相良家中屋敷跡です。

関連リンク – 人吉藩相良家上屋敷跡

福吉坂
[港区赤坂2丁目15番と17番の間を、北から南へ向けて上る坂道です。飲食店の入ったビルの間にある石段の坂道です。
 坂道の標識は設置されていませんが、赤坂福吉町会と福吉坂改修工事実行委員会が設置した「福吉坂石段の改修工事について」という金属製のプレートが坂上部に設置されており、この石段が「福吉坂」であることを示しています(写真リンク)。
坂道の由来は、このあたりが旧町名で赤坂福吉町と呼ばれていたことに由来すると考えられます。赤坂福吉町の由来については、近くの氷川公園にある「赤坂旧町名由来板」に次のように記されています。
 江戸時代初期には、本町の地域には福岡藩黒田家、人吉藩相良家、菰野藩土方家の屋敷がありました。元禄年間(1688~1704年)には土方家屋敷が結城藩水野家の屋敷になりましたが、その後、変化はありませんでした。明治5年(1872年)、福岡藩・人吉藩・結城藩の三藩邸を合併して一町とし、福岡藩の福、人吉藩の吉をとって「赤坂福吉町」となりました。福と吉という縁起の良い町名ということで、当時、人々の間で評判であったといわれています。  (「福吉坂(港区赤坂) 」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション - 赤坂溜池今井台麻布竜土青山辺一円絵図 : 天保元年(1831年)調」[絵図中央上に相良紀伊守(相良頼之)と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図(嘉永三年・1850年)」[絵図中央上に相良志摩守(相良長福)上屋敷が描かれています。]

東京市拾五区区分全図 第六 赤坂区全図 – 特別区協議会」(地図四つ切右下に福吉町が描かれています。上の2番地が人吉藩相良家中屋敷跡になります。)

カメラ位置は福吉坂下で、カメラ南南東方向坂両サイドが人吉藩相良家中屋敷跡になります。人吉藩相良家中屋敷表門は西側にありました。