徳山藩毛利家上屋敷跡

マーカーは徳山藩毛利家上屋敷跡です。

関連リンク – 徳山藩毛利家高輪下屋敷跡佐伯藩毛利家下屋敷跡(元徳山藩毛利家下屋敷跡)

徳山藩毛利家
[徳山藩(とくやまはん)は、江戸時代の藩。長州藩(萩藩)の支藩。当初の名称は下松藩(くだまつはん)。 藩庁は最初は周防国下松(現在の山口県下松市)、後に同国徳山(改称前は野上村。現在の山口県周南市)。藩庁の置かれた徳山陣屋(徳山城)は、飯野陣屋、敦賀陣屋と共に日本三大陣屋の一つに数えられる。
下松藩
下松藩は萩藩の支藩で、毛利輝元の子で毛利秀就の弟に当たる毛利就隆が、1617年(元和3年)に3万石を分与されたことから立藩した。1625年(寛永2年)の藩内検地では、実質的な石高は4万石余りであったといわれている。しかし就隆は江戸に滞在することがほとんどで、実際に下松に入ったのは1638年(寛永15年)であった。なお、実際に幕府より藩として正式に認められたのは、1634年(寛永11年)3月のことであった。
藩政においては萩藩とほとんど変わるところはないが、家臣団の多くは関ヶ原の戦い後に浪人した者や本家の藩士における三男などの取立てにより編成されていた。
徳山藩
1650年(慶安3年)6月、下松は交通に適していないという理由から、就隆は藩庁を同国徳山に移した。徳山ははじめ野上と言われていたが、就隆が徳山と改称した。
第3代藩主・元次の代の1716年(享保元年)に領民の立木の伐採をめぐって宗家と対立し、幕府より本藩への非礼として改易された(万役山事件)。しかしその後、重臣の奈古屋里人らの奔走で、1719年(享保4年)に元次の子・元尭が3万石で再興した。
1836年(天保7年)、萩藩の斡旋により徳山藩主は城主格となり、それまで「御館」(徳山陣屋)と呼ばれていた藩庁が、「御城」「御殿」(徳山城)と呼ばれるようになった。
第9代藩主・元蕃は、版籍奉還により1869年(明治2年)に徳山知藩事となるが、1871年(明治4年)5月には、廃藩置県に先んじて知藩事を辞任し、その所領を本家の山口藩に返還した。廃藩の時点での実質石高は6万9000石余りだったという。
なお、第1次長州征伐の時に切腹した福原元僴毛利敬親の養嗣子となった元徳は、第8代藩主・広鎮の子である。  (wikipedia・徳山藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図(嘉永三年・1850年)」(絵図四つ切左下に毛利淡路守(毛利元蕃)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション - 赤坂溜池今井台麻布竜土青山辺一円絵図 : 天保元年(1831年)調」[絵図四つ切左下に毛利日向守(毛利広鎮)と描かれています。]

カメラ位置は新坂下で、カメラ南方向一帯が徳山藩毛利家上屋敷跡になります。