種徳寺

マーカーは種徳寺です。

種徳寺
[早雲寺豊臣秀吉により焼かれ灰燼に帰しましたが、末寺院は早い時期に、再興されました。文禄2年(1593)早雲寺第11世希叟は徳川家康の帰依を受け、江戸神田に10,000坪の土地を拝領し広徳寺_(練馬区)を再興し、その後神田に移転し、「びっくり下谷の広徳寺」と言われる大寺院になりました。文禄3、早雲寺9世準叟は小笠原播磨守室種徳殿の後援により、北条氏康の弟北条為昌の菩提寺本光寺を江戸麹町に移転して、寺名を種徳寺に改めました。 (「第11回江戸歴史散歩交流会:青山・赤坂・六本木--お洒落な街と江戸の町--」より)]

種徳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が種徳寺山門です。

種徳寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図」(絵図中央左・松平安芸守中屋敷下方向・報土寺下に種徳寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション - 赤坂溜池今井台麻布竜土青山辺一円絵図 : 天保元年(1831年)調」(絵図左中央「松平安藝守」下方向に「種徳寺」が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・種徳寺

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「種徳寺」(8-17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*