長州藩毛利家中屋敷跡(東京ミッドタウン)

スポンサーリンク

マーカーは東京ミッドタウンです。

東京ミッドタウン
[東京ミッドタウン(英称:Tokyo Midtown)は、東京赤坂にある複合施設である。防衛庁・檜町駐屯地跡地の再開発事業として2007年(平成19年)3月に開業した。運営者は、三井不動産。一帯には江戸時代長州藩毛利家の下屋敷などがあった。明治時代からは大日本帝国陸軍の歩兵第一、第三連隊の駐屯地となっていたが、第二次世界大戦での日本の敗戦後にはアメリカ合衆国に接収され、米軍将校の宿舎として使用された。これがサンフランシスコ講和条約発効後の1960年(昭和35年)に日本に返還され、陸上自衛隊の駐屯地となるとともに、防衛庁の本庁舎も設置された。工事は2004年(平成16年)5月18日に始まり、2007年(平成19年)1月に竣工、同年3月30日に開業した。初年度には、目標だった3,000万人を上回る年間3,500万人を集客、六本木地区では2003年(平成15年)から営業している六本木ヒルズの来街者数4,400万人に次ぐ人気訪問先となっている。近隣には2007年(平成19年)、国立新美術館も開館、それらの施設との相乗効果による回遊性向上、一層の活性化が期待されている。
ガーデンサイド3Fにはサントリー美術館があり、近隣の国立新美術館や森美術館(六本木ヒルズ)と共に「六本木アート・トライアングル」を形成しています。
東京ミッドタウン・wikipedia-photo、東京ミッドタウンの看板・wikipedia-photo、ガレリア内部・wikipedia-photo、「ミッドタウン・タワー」・wikipedia-photo、「ミッドタウン・ウェスト」・wikipedia-photo、「ミッドタウン・イースト」・wikipedia-photo、「ザ・パーク・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京」・wikipedia-photo、TOKYO FM Midtown Studio・wikipedia-photo  (wikipedia・東京ミッドタウンより)]

[六本木アート・トライアングル(略称あとろ)は、アートで六本木を活性化することを目的に、国立新美術館、サントリー美術館、森美術館の3館が結成したネットワークです。各館で開催している展覧会チケットの半券提示で、他の2つの美術館の観覧料が割引になる「あとろ割」や、アート情報を載せた「あとろマップ」の配布などを実施しています。   (「六本木アート・トライアングル|お得な情報|ご利用案内|国立新美術館 」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図」(絵図中央下・毛利大膳太夫中屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション - 赤坂溜池今井台麻布竜土青山辺一円絵図 : 天保元年(1831年)調」(絵図中央下・「松平大膳太夫」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 青山渋谷絵図」[絵図右下に松平大膳大夫(長州藩)下屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 赤坂今井谷青山渋谷麻布白銀広尾 : 享和之頃」(コマ番号3/6・絵図中央右に「松平大膳大夫」、その左に「鍋島甲斐守」、その左下に「伊達遠江守」(現国立新美術館政策研究大学院大学)と描かれています。)

萩藩毛利家下屋敷跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が東京ミッドタウンです。カメラ北東方向右がミッドタウン・イーストで、左がミッドタウン・ウェストです。カメラ方向右に安田 侃(やすだ かん、1945年 – )の彫刻が設置されています。

安田 侃の彫刻前のストリートビューです。

カメラ北西方向が東京ミッドタウン・ガレリア、エントランスのストリートビューです。

東京ミッドタウン・ガレリアB1のストリートビューです。

ミッドタウン・ガーデンへの歩道橋のストリートビューです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*