やげん堀 七味唐辛子本舗

マーカーはやげん堀 七味唐辛子本舗です。

やげん堀 七味唐辛子本舗
[やげん堀 七味唐辛子本舗は七味唐辛子を製造販売する商店。法人名は合資会社中島商店。江戸時代初期より中島家が10代に亘って営んでいる。七味唐辛子の元祖で、「やげん堀」は七味唐辛子の別称としても通っている。善光寺八幡屋礒五郎、京の七味家本舗と共に日本三大七味唐辛子に数えられる。
寛永2年(1625年)江戸薬研堀端(後の薬研堀町、現中央区東日本橋2-5付近)において中島德右衛門が薬種商を開業したことに始まる。翌年にはが漢方の知識を用いて「七色唐辛子」を考案し、城内の菊の宴に際し時の将軍徳川家光に七味唐辛子を献上して気に入られ、「德」の字を賜り「山德」の紋を掲げた。
昭和18年(1943年)現在地の浅草新仲見世に移転した後も、やげん堀の商号を保った。  (wikipedia・やげん堀より)]

七味唐辛子
[七味唐辛子は別名薬研堀(やげんぼり)とも呼ばれる。この名は、江戸時代に徳右衛門(徳兵衛)が両国薬研堀にて漢方薬を参考にして作られ江戸名物になったことに由来する。現在、東京・浅草寺門前「やげん堀(中島商店)」、京都・清水寺門前「七味家」、長野・善光寺門前「八幡屋礒五郎」などのオーソドックスなもののほか、新潟・上越のかんずりなど七味から発展した調味料も存在する。やげん堀・七味家・八幡屋磯五郎の三者は、日本三大七味唐辛子と称されている。かつての七味唐辛子売りは、材料を別々の容器に入れておき、客の目の前で客の好みにあわせて調合した。材料を説明する口上がおもしろく、大道芸の一種ともなり、特に上手い者は興行師に雇われて演じることがあった。21世紀の初めにも、東京の一部の縁日の屋台の七味唐辛子売りで聴くことができる。現在でも店頭で客が好みの味に調合してもらうことができる販売店がある。原料の種類も七種に限らず、客の求めに応じて減じたり増したりできる。  (wikipedia-七味唐辛子より)]

やげん堀 七味唐辛子本舗-オフィシャルサイト

カメラ北北東方向がやげん堀 七味唐辛子本舗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*