三ノ輪橋跡

マーカーはカメラ位置です。

三ノ輪橋跡
[上野から下谷坂本、金杉、三ノ輪を経て千住日光街道(奥州街道)に合流する脇道があった。脇道は江戸の主街道で、今も入谷口通り、金杉通りに残っている。今は、「昭和道り」が開通した関係で、主街道はそちらに移った。三ノ輪橋は日光街道脇道が石神井用水を越える地点に設けられていた。石神井用水は灌漑用水路で北区の飛鳥山北麓で、石神井川を分流させ現在の荒川区台東区を流れ末は山谷堀となった。流域の人は石神井用水のことを俗に「音無川」と言った。関東大震災後、音無川は暗渠化されて今はもう無い。三ノ輪橋も同時に撤去された。この橋を渡ると江戸であり、江戸の外だった。そういう意味で重要な橋だったといえる。  (「三ノ輪橋 – DTI」より)]

[三ノ輪橋(音無川)
三ノ輪橋は、石神井川の支流として王子から分流した音無川が現在の日光街道と交叉するところに架けた橋である。橋の長さは五間四尺(約十メートル)幅三間(約六メートルであったという
 音無川は日暮里駅前を経て、台東区(根岸)との区境を通り常磐線ガード手前を右折、その右角は私立池谷小学校(明治三六年廃校)跡。そして現日光街道を横切り日本堤の北側を流れて山谷堀にいたるものであった。
 明治四一年、三ノ輪が属する一六番分水組合が廃止され音無川は農業用水としての役目を終えた。現在は暗渠(暗渠)となり、橋の名前は都電荒川線の停留所名として残されている。  荒川区教育委員会・台東区教育委員会  (案内板画像リンク・「三ノ輪橋の由来? : まるいけスタッフブログ」より)]

[かつて石神井用水(音無川)と日光街道が交叉する地点に架かっていた。江戸時代には市中と市外の境界に位置して、現在の台東区域と荒川区域を結んでいた。昭和初期に石神井用水は暗渠となったため三の輪橋も撤去されて、現在は都電荒川線の停留所にその名が残る。 平成18年(2006)3月 台東区教育委員会  (標識画像リンク・「三ノ輪橋の由来? : まるいけスタッフブログ」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号3・地図左方向に浄閑寺が描かれ、その上王子用水に架かる橋が三ノ輪橋です。)

国立国会図書館デジタルコレクション - 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図右上・下谷通新町左に描かれている橋が三ノ輪橋です。)

カメラ東方向・左に三ノ輪橋跡案内板が、右に標柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*