山谷堀跡

マーカーはカメラ位置です。

山谷堀跡
[山谷堀は、江戸にたくさんあった堀を代表するもので、堀といえば、山谷堀を指したほどであった。堀の両岸には多くの船宿茶屋があった。かつては「郭(くるわ)」と呼ばれる虚構と華麗が織りなす別世界があった。今の日本堤に「新吉原」が出来たのは、明暦2年(1656)。新吉原は浅草寺裏の田圃の中に出来たので、遊客は駕籠か船で通った。猪牙船といわれる小さな船で柳橋_(神田川)から隅田川を上り、今戸の山谷堀まで来て日本堤迄出るのだ。今ではこの堀は埋め立てられて公園になっているが、橋は土手通りと並行して今も残っている。隅田川寄り下流から今戸橋、聖天橋、吉野橋、正法寺橋、山谷堀橋、紙洗い橋、地方新橋、地方橋、日本堤橋。  (「山谷堀」より)]

[「堀」といえば山谷堀を指すぐらいに江戸時代には代表的な堀であった。北区王子権現辺から流れる石神井川田端日暮里根岸を経て今の荒川区台東区の区境を形成し一般には音無川と呼ばれた。この水が三ノ輪から土手通りに落ちる辺りから山谷堀と呼ばれる。堀は今戸から三ノ輪まで続きこの土手(土手八丁)を日本堤という。  (「第163話落語「今戸の狐」(いまどのきつね) – 落語の舞台を歩く」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号10・地図左に山谷堀が描かれ、山谷掘下に今戸橋、その上に新鳥越橋が描かれています。コマ番号7・地図中央、日本堤に沿って山谷堀が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション - 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図

(名所江戸百景・ 真乳山山谷堀夜景ファイル:100_views_edo_034.jpg)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・山谷堀今戸橋慶養寺(絵の手前に今戸橋が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「山谷堀今戸橋慶養寺」(17-47)、「日本堤解説・左ページ2行目から」(17-49)

山谷堀公園 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は新鳥越橋跡で、カメラ北西、南東方向に山谷堀があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*