太郎稲荷神社

スポンサーリンク

マーカーは太郎稲荷神社です。

太郎稲荷神社
[太郎稲荷神社は、柳川藩立花家の屋敷にあった神社です。柳川藩立花家の江戸屋敷は、上屋敷が下谷徒町、中屋敷が浅草鳥越、下屋敷が浅草末(下谷)にありました。中屋敷にあったのが、「西町太郎稲荷神社」で、下屋敷にあったのが「太郎稲荷神社」です。西町太郎稲荷神社は、東京メトロ日比谷線「仲御徒町」駅から歩いて5分です。神社の鳥居の脇に由来を書いた案内板があります。それには、「当町は江戸時代万治年間(1658~61)、九州筑後国柳川藩10万9千6百石の太守立花左近将監が江戸中屋敷として設けた跡地であって、当太郎稲荷は立花左近将監の母堂みほ姫の守り本尊として、同邸内の現在地に建立されたものです」と書かれています。太郎稲荷神社は東京メトロ「入谷」駅から歩いて5分のところにあります。神社の鳥居の脇にある旧光月町の由来板の中に「太郎稲荷神社は新堀川沿いにある立花家の下屋敷にあった。生い茂る樹木の奥に社殿があり、参拝する人でにぎわっていた」と書かれています。  (「気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録 – 太郎稲荷神社」より)]

[当地は九州柳川藩立花左近将監の下屋敷にて「新鳥越四丁目飛地」として現在の松が谷三丁目あたりにあったものを松葉町に割与し、ここに移したと伝えられます。明治24年ごろ光月町と改称しました。当時、前記の屋敷内に祀られていた稲荷神社を現在の地に移祠し、以来、地元の先人たちの努力により、現在まで維持保存祀祭され、都内でも残り少ない稲荷神社として保存されています。古記によると往時の本社は大変賑やかであったと伝えられます。「東京名所図会・浅草区之部」によると下記の通りです。
「幾多の鳥居をくぐり社殿はその奥に鎮座し、老樹欝然しかも昼なお暗し。云々 新堀の立花家の下屋敷の鎮守、太郎稲荷の流行神は、近古聞き及ばぬ群参にて門前より本社まで凡そ十町余の右左奉納幟にて垣をなし、神前は賽銭、供物にて山を築き信仰のもの他に越えるもの空し。霊験もいや増して盲目は杖をはなれて初めて白日を拝し、足疾思わずも高きにのぼる。日にまして参詣のものふえて終に屋敷裏なる畑中に夜籠りはじまり「太郎神、太郎神」と称名すれば垣外霊狐顕る。眞崎なる霊狐を「お出で、お出で」と云ふが如し。されば夜籠の間、かくよびて供物をささげ己がじし願い事を祈念するとて、余も其此人と共に二夜三夜、宵のほとぼりばかり行きて試みるに、一度霊狐のあらわるるを見たり。尾の上共に背のあたり白毛あり。さて寒夜田道に莚をうち敷きてうずくまり並み居るさまは不信の者の目からは古き狐に化かさるるが如し。故に遊里(旧吉原)通ひ小唄謡ふて此処へ来かかるときは…云々 霊験利生の恩を請けたる者どもは寒夜籠りをめぐまんとて或は粥或は餅なんと施すも毎夜なり、斯く甚だしきは久しからず、二、三年にして午の日ばかりの参詣も今は稀なり」  (東京太郎稲荷講『太郎稲荷神社縁起』 より)  (「瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り 太郎稲荷&日枝神社」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図中央・吉原左上に立花左近将監下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [43]貮拾貮上」(コマ番号6/10・絵図四つ切右下に「立花飛騨守下屋敷」が描かれています。)

太郎稲荷大明神 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が太郎稲荷神社参道です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*