姥ヶ池跡

スポンサーリンク

マーカーは姥ヶ池跡の碑です。

姥ヶ池跡
[姥ヶ池は、昔、隅田川に通じていた大池で、明治二十四年に埋立てられた。浅草寺の子院妙音院所蔵の石枕にまつわる伝説に次のようなものがある。昔。浅茅ヶ原の一軒家で、娘が連れ込む旅人の頭を石枕で叩き殺す老婆がおり、ある夜、娘が旅人の身代わりになって、天井から吊るした大石の下敷きになって死ぬ。それを悲しんで悪行を悔やみ、老婆は池に身を投げて果てたので、里人はこれを姥ヶ池と呼んだ。平成8年3月8日 東京都教育委員会]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション - 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・一権現祠姥の池

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「一権現祠姥の池」(16-17)

姥ヶ池碑 – Google Map 画像リンク」、「助六歌碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向に姥ヶ池跡の碑があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*