復興小学校(旧 坂本小学校)

マーカーは復興小学校(旧 坂本小学校)です。

関連リンク – 「復興小学校(旧 元町小学校)」、「復興小学校(旧 十思小学校)」、「復興小学校(早稲田小学校)」、「復興小学校(旧下谷小学校)」、「復興小学校(常盤小学校)」、「復興小学校(泰明小学校)」、「復興小学校(黒門小学校)」、「復興小学校(明化小学校)」、「復興小学校(広尾小学校)」、「復興小学校(旧四谷第五小学校)」、「復興小学校(旧京華小学校)」、「復興小学校(旧小島小学校)

復興小学校(旧 坂本小学校)
[1923年に発生した関東大震災により、東京市立小学校は大きな被害を受けた。全195校のうち無傷で残ったものは2校にすぎず、約2/3が倒壊・焼失した。
復興事業にあたり東京市は、不燃化構造とするため鉄筋コンクリート建築を採用した。また、52の学校では、公園を併設するなどの試みも行われている。これは都市計画の中に小学校を位置づけて災害時の避難所としても使えるようにしたものである。設計規格は東京市臨時建設局が作成した統一規格によるが、外観デザインはそれぞれに独自のものとされており、町の顔として時代の意匠をまとった凝ったものが多い。
復興小学校として建築された小学校は全部で117校。大正13年6月11日に公布された「東京市立小学校復興建設費補給規程」に基づき、復興小学校の設計は東京市が一括して行い、建設費の補助が行われた。
建設時期は1924年から1935年にかけての時期で、多くは1928年頃までに完成している。
1926年(大正15年、昭和元年)建設
坂本小学校(台東区下谷1-12-8)
建設当時は「入谷尋常小学校」。小学校としては廃校になり、建物は2006年1月現在残されてはいるが、跡地利用が検討されており、解体される可能性もある。
坂本小学校-入口や階段室にアーチ状の造形を持つ。復興小学校のひとつの様式。・wikipedia-photo、画像その2・wikipedia-photo  (wikipedia・復興小学校より)]

大正モダン建築「旧 坂本小学校」。 | いりやごと

復興小学校(旧 坂本小学校)正面玄関のカメラです。

言問い通りからのカメラです。