本龍院(待乳山聖天)

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    本龍院(待乳山聖天)
    [本龍院(ほんりゅういん)は、東京都台東区浅草にある聖観音宗の寺院で、浅草寺の子院のひとつである。山号は待乳山。本尊歓喜天(聖天)・十一面観音で、待乳山聖天(まつちやましょうでん)とも称される。
    歴史
    この寺には浅草名所七福神のうち毘沙門天が祀られている。この寺は隅田川べりの小高い丘(待乳山)にあるが、この丘は595年(推古天皇3年)9月に出現して龍が守護したと伝えられ、浅草寺の山号(金龍山)の由来となったと伝えられる。601年(推古天皇9年)この地方が旱魃に見舞われたとき、歓喜天と十一面観音が安置されたと伝えられる。待乳山は、かつては周囲が見渡せる山であり、江戸時代には文人墨客がこの地を訪れている。例年1月に行われる『大根まつり』でも知られる。
    名前の由来
    待乳は、真土とも書き、この辺り一帯は泥海だったが、ここだけが真の土であったことを由来とする説がある。
    本堂・wikipedia-photo  (wikipedia・本龍院より)]

    待乳山聖天ホームページ

    本龍院(待乳山聖天)資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図中央下方向、山谷掘左方向に聖天社が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号10・地図左端に待乳山聖天本龍院が描かれています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・真土山聖天宮

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「真土山聖天宮」(17-48)、「真土山解説-1・左ページ中程から」(17-46)、「真土山解説-1、聖天宮解説・左ページ1行目まで」(17-49)

    「江戸遊覧花暦」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・真乳山服元橋隅田川の雪隅田川の雪(説明文-1)隅田川の雪(説明文-2)隅田川の雪(説明文-3)(絵の右上に真乳山が描かれている。)

    江戸遊覧花暦. 巻之1-4 / 岡山鳥 編輯 ; [長谷川雪旦] [画]」・「真乳山服元橋」(3-5)

    東都名所 真土山之図

    本龍院 – Google Map 画像リンク」、「待乳山聖天 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が本龍院(待乳山聖天)で、石段右に築地塀があります。

    カメラ北東方向が本龍院(待乳山聖天)です。

    本殿前のカメラです。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *