東京初空襲の地

マーカーは東京初空襲の地案内板です。

東京初空襲の地
[昭和一七年四月一八日正午過ぎ、日本の本土が初めてアメリカ軍による空襲を受けた。昭和一六年一二月八日の日本軍の真珠湾攻撃から約4ヶ月後のことである。中でも、最初に被害があったのが、この付近の尾久町八、九丁目で、一二時二〇分頃、ドーリットル隊(ドーリットル空襲)の二番機が爆弾三個と焼夷弾一個を投下した。
 『荒川区史』所収の警視庁警備係の調査によれば、尾久では、死亡一〇人、重傷三四人、軽傷一四人、全焼四三戸、全壊九戸、半焼一戸、半壊一三戸の被害があったという。落下地点では、直径一〇メートル、深さ五メートルもの穴があき、家屋が倒壊し、上下水道やガス管も破壊された。また、焼夷弾による火災で全焼した家屋もあった。当時、干潮時で、消火に隅田川の水を利用することはできなかったが、地域の人々の尽力により、一三時五〇分に鎮火した。
 この空襲を契機に翌五月には、熊野土地区画整理組合が設立され、電化通りから北側の現尾久橋通りが整備された。
     荒川区教育委員会]

東京初空襲の地碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が東京初空襲の地案内板です。