橋場の渡し(現白髭橋)

スポンサーリンク

マーカーはカメラ位置です。

橋場の渡し(現白髭橋)
[「白鬚の渡し」とも称されるが、記録に残る隅田川の渡しとしては最も古い渡しのため、幾度も渡しの位置の変更があり名称も一定せず、それぞれ別の渡しとして存在していた可能性も高い。現在の白鬚橋付近にあったものが代表的なものである。律令時代より制定があり、承和2年(835年)の太政官符に「武蔵、下総両国界住田河四艘。元二艘今加二艘右河等。崖岸廣遠。不得造橋。仍増件船(武蔵国下総国の国境の住田河(隅田川)には現在4艘の渡し舟がある。岸は崖で広く、橋が造れないので2艘から増船した)」と書かれたものが残っており、この「住田の渡し」とはこの渡しと想定されている。奥州総州への古道があり、伊勢物語で主人公が渡ったのもこの渡しとされている。また、源頼朝が挙兵してこの地に入る際に、歴史上隅田川に最初に架橋した「船橋」もこの場所とされ、「橋場」という名が残ったとも伝えられている。橋場はその歴史的な土地柄から江戸時代から風流な場所とされ、大名や豪商の別荘が隅田川河岸に並んでいたという。そのため有名な料亭なども多く華族文人などが出入りしていた。明治期に入ってからも屋敷が建ち並んでおり、とりわけ著名な三条実美の別荘である「對鴎荘」が橋場の渡しの西岸にあった。歌川広重が錦絵「墨田河橋場の渡かわら竈」に描いた。白鬚橋の完成に伴い、大正期に廃止されたといわれる。
歌川広重「墨田河橋場の渡かわら竈」(名所江戸百景・ 墨田河橋場の渡かわら竈wikipedia-photo)  (wikipedia・隅田川の渡しより)]

カメラ位置は白髭橋東詰めです。

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション - 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図右下に船渡場が描かれている。)、「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図右下に渡し場が描かれている。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・隅田川渡其二思河橋場渡

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「其二思河橋場渡」(17-31)、「隅田川渡」(19-19)、「橋場解説-1・左ページ中程から」(17-29)、「橋場解説-2・左ページ中程過ぎまで」(17-34)、「思川解説-1・左ページ10行目より」(17-38)、「思川解説-2、隅田川渡解説・左ページ1行目まで」(17-39)

「東都名所」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・東都名所図絵隅田川渡しの図東都名所図絵隅田川渡しの図-2東都名所図絵隅田川渡しの図-3

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*