橋場寺不動院

スポンサーリンク

マーカーは橋場寺不動院です。

橋場寺不動院
[砂尾山橋場寺不動院は天平宝字4年(760)の開創で、浅草七福神布袋尊が祀られています。  (「猫のあしあと」より)]

[橋場不動尊は、天平宝字四年、奈良東大寺大仏の建立に尽力した良弁僧正が、相州大山寺で、一刀三礼して刻まれた一木三体不動(一本の木で三体の仏像を彫る)の随一と称せられ、悪魔降伏の威想を備え、信ずる者には、必ず霊験を与え給う不可思議の尊像として、古来よりご秘仏としてあがめられています。江戸時代には橋場寺として、周辺の三条公有馬侯池田備前侯等をはじめとする武家屋敷の人々の尊信を集め、現在の本堂江戸時代の建立で、小堂ながら美しく、江戸時代の特徴をよく現しています。明治末年の大火、関東大震災、戦炎などに、不動院を中心とした橋場の一角だけは、災禍を免がれたことから、「霊験あらたかな火伏せの橋場不動尊」として、信仰の的となっています。  (「橋場寺不動院ホームページ-1.橋場不動尊の大護摩」より)]

橋場寺不動院資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号9・地図中央上、総泉寺下の王子用水左に不動院が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・其三総泉寺砂尾不動同薬師(絵右下に橋場寺不動院が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「其三総泉寺砂尾不動同薬師」(17-32)、「砂尾不動院解説・右ページ4行目より」(17-40)

橋場寺不動院(橋場不動尊) – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が橋場寺不動院参道です。

カメラ西方向が橋場寺不動院本堂です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*