浅草寺(宝蔵門)

マーカーは宝蔵門です。

浅草寺関連へリンク
浅草寺(六角堂)浅草寺(淡島堂)六地蔵石灯籠浅草寺(橋本薬師堂)浅草寺(石橋)浅草寺(本堂)宝篋印塔、阿弥陀如来像浅草寺(新奥山)浅草寺(二天門)浅草寺(五重塔)浅草寺(戦災公孫樹)浅草寺(二尊仏)伝法院浅草寺(鐘楼)浅草寺(雷門)

宝蔵門
雷門をくぐり、「仲見世」の商店街を抜けた先にある。入母屋造の二重門(2階建てで、外観上も屋根が上下二重になっている門)である。現在の門は昭和39年(1964年)に再建された鉄筋コンクリート造で、実業家・大谷米太郎夫妻の寄進によって建てられたものである。門の左右に金剛力士(仁王)像を安置することからかつては「仁王門」と呼ばれていたが、昭和の再建後は宝蔵門と称している。その名の通り、門の上層は文化財の収蔵庫となっている。
2体の金剛力士像のうち、向かって左(西)の阿形(あぎょう)は仏師・錦戸新観、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作の作である。阿形像のモデルは力士の北の湖、吽形像のモデルは明武谷と言われている。門の背面左右には、魔除けの意味をもつ巨大なわらじが吊り下げられている。これは、前述の村岡久作が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているもので、わら2,500kgを使用している。
耐震性の向上と参拝客に対する安全確保のため平成19年(2007年)に屋根改修工事を行い、軽量さと耐食性に優れたチタン成型瓦を全国ではじめて採用した。使用したチタンは表面にアルミナブラスト加工を施したものでそれらをランダムに配置することで土瓦特有の「まだら感」を再現し、瓦と変わらない外観となっている。また、主棟・隅棟・降棟・妻降棟すべての鬼飾もチタンで製作された。
宝蔵門・ファイル:Sensoji0863.jpg  (wikipedia・浅草寺より)]

浅草寺 宝蔵門(仁王門) – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が宝蔵門です。

宝蔵門内のカメラです。

宝蔵門内の夜のカメラです。

宝蔵門本堂側のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*