牛頭天王社(素盞雄神社)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    牛頭天王社(素盞雄神社)
    [素盞雄神社(すさのおじんじゃ)は、東京都荒川区南千住にある神社である。地元では天王様と呼ばれている。南千住、三ノ輪、三河島、町屋など61町にも及ぶ区域の総鎮守で、旧郷社。例祭「天王祭」は、都内でも珍しい二天棒の神輿で神輿振りをする事で知られている。
    素盞雄大神(すさのおおおかみ)と飛鳥大神(あすかおおかみ)を祭神とする。
    歴史
    延暦14年(795年)役小角の弟子・黒珍が、牛頭天王・飛鳥権現の二柱の神が降臨した奇岩を祀って創建したと伝えられる。
    ●創建以来、二柱を別々の社殿に奉斎していたが、享保3年(1718年)焼失し、同12年に瑞光殿を建築して合祀した。
    ●古くから疫病除けで知られ、安政5年(1858年)江戸にコレラが流行した際は疫除守を求めて参詣者が群れ集まった。
    明治初期の廃仏毀釈により祭神名を素盞雄大神・飛鳥大神へ改め、社名も素盞雄神社へ改称した。
    社殿・境内
    ●祭神が降臨した瑞光石(ずいこうせき)は、元治元年(1864年)浅間神社を祀り、富士塚とした。
    松尾芭蕉の「奥の細道」旅立ちの記念碑がある。
    祭事・年中行事
    天王祭 – 6月2日に宵宮祭、3日に例大祭が行われる。京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を祓う都市型の例祭。
    本祭:天文10年(1541年)以来三年に一度行われ、例祭の次の土日に本社神輿渡御が行われる。
    神輿は重量千貫(3,750kg)、四間半(8.1m)の長柄二本(二天棒)を有する。
    陰祭:本祭以外の年に行われ、町内神輿やこども神輿が繰り出される。
    飛鳥祭 – 9月15日に湯立神事が行われる。
    wikipedia-photo  (wikipedia・素盞雄神社 (荒川区)より)]

    素盞雄神社ホームページ」 – 「天王祭

    天王社資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション - 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図右上に牛頭天王社が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」(絵図左上に牛頭天王社が描かれています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・飛鳥社小塚原天王官

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「飛鳥社小塚原天王官」(17-17)、「飛鳥明神社解説-1・左ページ5行目より」(17-16)、「飛鳥明神社解説-2・右ページ6行目まで」(17-18)

    素盞雄神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向が牛頭天王社(素盞雄神社)参道です。

    素盞雄神社拝殿前のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *