甘味処 西山

マーカーは甘味処 西山です。

甘味処 西山
[西山家百年蔵からのご紹介 
「甘味処 西山」の裏に蔵があります。震災にも、戦災にも焼けずに百年以上耐えた建物です。この蔵に昔の事を伝える古い物が残っていますので、少しづつご紹介していきたいと思います。
1.街談録 安政年間、巷の不思議な話や事件などが書かれた冊子。7冊あります。
2.覚書帳 三代目西山庄吉の手による商売上の覚書です。
3.町火消し・家紋図版 町火消しなどの纏や装束が記された図版入り小辞典です。
4.地震の弁 刷物のかわら版です。江戸時代中期以前、地震は龍が動くと起こると信じられていたそうです。日本のまわりに龍が描かれています。
5.印籠(いんろう) 6分割出来る金属製の小物入れです。紐の先に龍の彫刻の根付が付いています。
6.袢纏(はんてん) 明治時代以前のものでしょうか、背に当店の創業時からの紋があります。「枡に掻棒(かぎぼう)」という紋で、穀物などを量る枡と平らにならす棒を表しています。  (「甘味処 西山 – 西山家百年蔵からのご紹介」より)]

※ 大田南畝の著作に半日閑話(随筆)があり、この随筆は、市井の見聞雑事を記したものであり、全25巻の内、12巻から16巻までの300余条の記事は「街談録」の名で流布していた。  (wikipedia・大田南畝より)

西山 (【旧店名:西山菓子店】) – 浅草/甘味処 [食べログ]

カメラ南方向が甘味処 西山です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*