西光寺

マーカーは西光寺です。

西光寺
[JR南千住駅の北西、徒歩6分。聖蓮社賢誉長公が開山とされるが、創建の年代は明らかではない。長公は増上寺9世貞把の弟子であり、寺は増上寺の末寺となっている。第二次世界大戦の戦災ですべての建物を失い、昭和29年(1954年)に再建された。本堂のとびらが独特の配色で目を引く。本尊阿弥陀如来坐像は、恵心僧都源信の作と伝えられる。この像は「笹の団子の如来」と呼ばれ、病気の人が笹の枝にさした白団子を供えて祈願すると霊験があるといわれて、信仰を集めている。  (「東京ガイド」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図右上・絵図印左方向に西光寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号3/10・地図中央に西光寺が描かれています。)

西光寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が西光寺山門です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*