浅草寺(雷門)

マーカーは雷門です。

浅草寺関連へリンク
浅草寺(六角堂)浅草寺(淡島堂)六地蔵石灯籠浅草寺(橋本薬師堂)浅草寺(石橋)浅草寺(本堂)宝篋印塔、阿弥陀如来像浅草寺(新奥山)浅草寺(二天門)浅草寺(五重塔)浅草寺(戦災公孫樹)浅草寺(宝蔵門)浅草寺(二尊仏)伝法院浅草寺(鐘楼)

雷門
[941年、安房国太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1865年であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。
1960年、松下電器産業(現パナソニック)の創設者、松下幸之助が病気だったころに浅草寺に拝んだ。そして、治ったためそのお礼として門及び大提灯を寄進し、現在の雷門が成立した。風神・雷神像は、江戸時代の頭部(火災により焼け残ったもの)に、明治時代に造られた胴体をつなげた物を引き続き使っている。
浅草寺雷門・wikipedia-photo、浅草観音雷神門 – 北斎・wikipedia-photo、金龍山浅草寺雷門の提灯・ファイル:Asakusa‐Kaminarimon.jpg  (wikipedia・雷門より)]

雷門 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が雷門です。

雷門内のカメラです。

雷門境内側のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*