綾部藩九鬼家上屋敷跡

マーカーは坂本町公園です。

綾部藩九鬼家
[綾部藩(あやべはん)は、丹波国(現在の京都府綾部市青野町、または同本宮町)に存在した藩。藩庁は綾部陣屋に置かれた。
綾部藩は寛永10年(1633年)3月5日に立藩した2万石の外様の藩である。藩祖は戦国時代織田信長に仕えて名を馳せた水軍の将・九鬼嘉隆の孫九鬼隆季である。嘉隆の死後、九鬼氏は子の九鬼守隆が継いでいたが、その守隆が寛永9年(1632年)に死去すると、三男の隆季と五男の九鬼久隆との間で家督争いが起こった。これは守隆が生前に五男の久隆を溺愛して嫡男に選んだのが原因であるが、御家騒動の結果、久隆は摂津国三田藩へ移封され、隆季は綾部にそれぞれ移封され、ここに九鬼氏は嘉隆以来の故郷である志摩国鳥羽藩の地を失うに至った。隆季は寛文元年(1661年)3月28日、弟の九鬼隆重に500石を分与し、分家を創設している。また、隆季は城下町の建設や検地などを行なって藩政の基礎を固めた。
しかし第2代藩主・九鬼隆常の代から大洪水や暴風雨による天災が起こって3,729人もの死者を出すなど、早くも藩政の衰退が始まる。その後も再三にわたって大洪水や大旱魃、大飢饉などが発生して藩は大被害を受け、第3代藩主・九鬼隆直の時代には藩財政が破綻し、藩札発行や倹約令制定、家臣団の給米減封などを中心とした財政改革が試みられたが、その後も大洪水などによる天災や百姓一揆までもが発生し、藩政はすっかり衰退してしまった。なお、隆直の時代に藩校・進徳館が設立されている。
このような中で第9代藩主・九鬼隆都佐藤信淵や奥山弘平らを招聘して農業政策を中心とした藩政改革に取り組み、さらに山鹿素水を招いて軍事の改革も行なった。隆都は弘化4年(1847年)に木綿会所を創設して専売制を実施し、藩財政をいくらかは再建することに成功した。幕末期の動乱に入ると、隆都は文久元年(1861年)6月10日に家督を子の九鬼隆備に譲って隠居する。隆備ははじめ佐幕派であったが、禁門の変で御所の警備を務めた頃から次第に官軍側に与するようになり、慶応4年(1868年)1月には西園寺公望を通じていち早く新政府側に帰順した。その後、隆備は版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県により綾部藩は廃藩となる。その後、綾部県を経て、京都府に編入されることとなった。
ちなみに隆備も父に劣らず有能で、藩校・進徳館を篤信館と改名し、その翌年には藩内6ヶ所に郷学校を設立して、庶民教育に尽力した。これは後に、明治政府による近代化教育の先駆けとなったのである。  (wikipedia・綾部藩より)]

正月行事・九鬼の札切
[綾部藩九鬼家では、いつの頃からか、毎年堅固な門松を立て、それに呪文を書いた札を正月七日の間、次第に大きなものものを取り替えて吊り下げるしきたりがあった。その札を手に入れると、その年は運がよいと称して、近隣に住む若者たちは、日々閉門を待ちかねるようにして、いっせいに争奪戦を演じた。全国的に見てもちょっと比類を見ないこの正月行事を「九鬼の札切」といったのである。  (「郷土室だより(八丁堀襍記)-アーカイブス中央区立図書館 – 42.八町堀襍記二 安藤菊二(PDFファイル:1587KB)」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(九鬼式部少輔が綾部藩九鬼家上屋敷です。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図」(絵図中央下方向に「九鬼式部少輔」が描かれています。)

カメラ東方向が綾部藩九鬼家上屋敷跡(坂本町公園)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*