和菓子店『長門』

マーカーは和菓子店『長門』です。

和菓子店『長門』
[享保年間(1716~1735年)創業の和菓子店・長門(ながと)。江戸時代徳川家に菓子を献上していた老舗だ。どのお菓子も店の2階で、熟練の職人によってつくられている。
特に人気なのは『久寿もち』。ほのかな甘さ、ふるふると柔らかな食感の餅と、風味豊かなきな粉の組み合わせが絶妙だ。関東くず餅といえば、通常は小麦澱粉を発酵させ蒸したものをいうが、この店ではわらび粉を用いている。  (「長門|日本橋手みやげ|「日本橋ごよみ」のご紹介|日本橋」より)]

[同業の和菓子店、そして味にうるさい飲食店の人たちからも「あそこは間違いない!」との声が上がるのが日本橋にある老舗和菓子店『長門』。創業は江戸時代の中期。徳川八代将軍・徳川吉宗の頃には、江戸幕府へ菓子司として仕え、優れた菓子屋に授けられる称号も持っていたという幕府お墨付きの和菓子店です。昔から変わらぬ手間隙をかけた製法、そして材料へのこだわりの下、現在の十四代目によって様々な菓子が作り出されていますが、中でも上品で優美な『半生菓子』は、お土産にぴったりの逸品。  (「東京老舗スイーツ ベスト5」より)]

日本橋 長門 (にほんばしながと) – 日本橋/和菓子 [食べログ]

カメラ南南西方向が和菓子店『長門』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*