地蔵橋跡

スポンサーリンク

マーカーはカメラ位置です。

地蔵橋(じぞうばし)
[古名仁蔵橋。この付近には、加藤枝直・千蔭父子や村田春海などの名が古地図に載っている。そして斎藤十郎兵衛の居宅もあって謎の東洲斎写楽ではないか? といわれているところでもある。絵図には火の見櫓や地蔵橋通りの記載もあり、組屋敷地の中心地として、ひとつのランドマークであったのだろうか。八丁堀の七不思議にも「地獄の中の地蔵橋」「地蔵の像なくして地蔵橋」などに引き合いされている。明治40年(1907)の地図には暗渠らしい形跡になっているので、すでに橋は撤去されていたようだ。永井荷風断腸亭日乗昭和10年(1935)の条に「近年埋立られし市中の溝渠…八丁堀地蔵橋の辺」とある。現在は存在していない。現在地は中央区日本橋茅場町2-4/同3-5付近の道路交差点あたりか。
幕末の与力・佐久間長敬(1839-1923)は『嘉永日記抄』で次のように記している。「組屋敷内に石の橋があった。旧与力・多賀仁蔵の門前に、すべて自分普請で架けた石橋で、「仁蔵橋」と称していたが、その家が潰れたあと、与力の共有にして「地蔵橋」と改称した。また昔、橋の際に小さな石地蔵があったが、大火のために焼き崩れた、ともいう」。  (「八丁堀周辺 歴史案内〈茅場町・兜町〉 – nifty」より)]

地蔵橋資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図

国立国会図書館デジタルコレクション – 呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図」(絵図中央付近に地蔵橋が描かれています。)

東京都都立図書館 – 文久新鐫八町堀細見絵図」(絵図中央堀右方向角に地蔵橋が描かれています。)

カメラ位置は日本橋茅場町2-4/同3-5付近の道路交差点で、この付近に地蔵橋が架かっていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*