日枝山王旅所(日本橋日枝神社)

マーカーは日枝山王旅所(日本橋日枝神社)です。

日枝山王旅所(日本橋日枝神社)
[山王さん、御旅所摂末社と親しまれ、天正18年(1590)徳川家康が江戸入城し、日枝大神を崇敬されて以来、御旅所の存する「八丁堀」北島(鎧島)祓い所まで神輿が船で神幸されることに始まる。寛永年間(1624-1643)この地を山王の御旅所に定め、江戸三大祭り山王祭神幸祭)に際しては、御本社(山王日吉大権現=日枝神社)から3基の神輿が出て、半蔵門から江戸城内に入り、将軍は吹上で親拝、奉幣する。氏子の各町を巡行して、茅場町御旅所に着き、神事を営んで帰輿する。当時は1300坪余の境内地があったとされ、山王宮、山王権現と天満宮があり、薬師堂もあった。明治6年神仏分離令で薬師堂は敷地外へ分離された。明治4年無格社日枝神社と改称。大正4年摂社日枝神社となった。現在の社殿は、大正12年の関東大震災の後、昭和3年に造営され、境内の末社(北野神社・稲荷神社・浅間神社)を合祀。昭和20年3月東京大空襲で罹災、昭和41年11月屋根葺き替え、大修理をする。  (「中央区郷土史同好会」より)]

日本橋日枝神社(山王御旅所)ウエブサイト

山王祭」-「行事日程 例祭・奉祝行事」、「下町連合渡御マップ(682KB)

日枝山王旅所資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」[日本橋川・鎧の渡し左側に、「日吉山王御旅所 薬師」が描かれている。]

国立国会図書館デジタルコレクション」 – 「呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図」(絵図中央下・鎧の渡し上方向に山王旅所が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・山王御旅所山王祭-1山王祭-2薬師堂縁日薬師堂(説明文-1)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「山王御旅所薬師堂」(2-23)、「山王祭-1」(2-20)、「山王祭-2」(2-21)、「山王祭-3」(2-22)、「薬師堂縁日」(2-24)、「永田馬場山王御旅所、薬師堂解説-1・永田馬場山王御旅所解説右ページ左から3行めから、薬師堂解説-1左ページ左から3行目より」(2-19)、「薬師堂解説-2・左ページ左から6行目まで」(2-25)

「東都歳事記」・山王御祭礼其二.jpg
[「江戸時代の山王祭の山車行列」のほかに付祭(つけまつり)と称するものが出た。各町が出す山車は「江戸時代の山王祭の山車行列」で見られるように、ある程度内容が決まっていたが、付祭はそれ以外の出し物のことを言い、踊り屋台という長唄や常磐津節などの音曲を伴った移動式舞台ともいえるものや、趣向を凝らした曳き物(人の手でひく車が付いた大きな飾り物)、また仮装行列のようなものもあり、中でも麹町他からの唐人衣裳の行列を伴った白い象の作り物は度々出され、評判を取ったという。  (wikipedia・山王祭_(千代田区)より)
「白い象の作り物」の前を進む出し物は「麹町 壱丁目」の出し物であることは、江戸名所図会の山王祭の出し物の下に「麹町 壱丁目」と描かれていることから分かる。]

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「山王御祭礼其二」(3-27)

『江戸名所図会』の解説文(「八丁堀周辺 歴史案内〈茅場町・兜町〉 – nifty」より)]
永田馬場山王御旅所(ながたばばさんのうおたびしょ)――茅場町にあり。遥拝の社二宇(う)並び建てり。寛永年間〔1624-44〕、この地を山王の御旅所に定めらるる、といへり(一宇は神主樹下氏(じゅげうじ)持ちなり。一宇は別当観理院(かんりいん)持ちなり)。隔年6月15日御例祭にて、永田馬場の御本社より、神輿(しんよ)3基、このところに神幸あり。仮に神殿を儲(もう)け、供御(くご)を献備し、別当は法楽を捧げ、神主は奉幣の式を行ひ、夜に入りて、帰輿(きよ)なり。その行装(ぎょうそう)、榊(さかき)・大幣(おおぬさ)・菅蓋(すげがさ)・錦蓋(にしきのかさ)、雲のごとく、社司・社僧は騎馬に跨(また)がり、あるいは輿(こし)に乗じ、前後にこじゅう扈従(こじゅう)す。諸侯よりは神馬(しんめ)・長柄(ながえ)の槍等を出されて、途中の供奉(ぐぶ)厳重なり。また、氏子の町々よりは、思ひ思ひに練物(ねりもの)、あるひは花屋台・車楽(だんじり)等に、金襴緞子(きんらんどんす)などのまん幕をうちはへ、おのおのその出立(いでたち)花やかに、羅綾(らりょう=*うすぎぬとあやぎぬ。〔ぜいたくな衣服の形容〕)の袂(たもと)、錦繍(きんしゅう)の裔(すそ)をひるがえし、粧(よそお)ひ巍々(ぎぎ=*〔山・建物などが〕高く大きいようす)堂々として、善美を尽くせり。この日、官府の御沙汰として、神輿通行の御道筋は、横の小路小路は矢来(やらい)を結(ゆ)はしめて、往来を禁じられる。まことに大江戸第一の大祀(たいし)にして、一時(いちじ)の壮観たり。

薬師堂(やくしどう)――同じく御旅所の地にあり。本尊薬師如来は、恵心僧都(えしんそうず)〔源信、942-1017〕の作なり。山王権現の本地仏(ほんじぶつ)たるゆゑに、慈眼大師(じげんだいし)〔天海、1563-1643〕勧請したまふといへり。縁日は毎月8日・12日(正・5・9月20日には開帳あり)にして、門前2、3町の間、植木の市立てり。別当は医王山(いおうざん)智泉院(ちせんいん)と号す(もとは鎧島山(がいとうざん)と号(なづ)けしとなり)。本尊縁起に曰く、「恵心僧都は、その父母、大和国高尾寺(たかおでら)の薬師仏に祷(いの)りて設(もう)くるところの霊児なり。僧都、仏門に入りて後、法恩を謝(しゃ)せんがため、みづからこの本尊を彫刻ありて、高尾寺に安置せられしに、遥かの後、相州大場村(おおばむら)に遷し奉りたり。しかるに、慈眼大師、東叡山(とうえいざん)にうつし奉る。この地や大城(だいじょう)の東に位し、しかも山王の本地仏たるより、ここに安置なし奉る」となり。

[智泉院(茅場町薬師)]

日本橋日枝神社(山王御旅所) – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が日本橋日枝神社参道です。

日本橋日枝神社参道鳥居のカメラです。

日本橋日枝神社拝殿前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*