江戸湊発祥跡(御船手屋敷跡)

スポンサーリンク

マーカーは江戸湊発祥跡のモニュメントです。

江戸湊発祥跡(御船手屋敷跡)
[江戸初期に隅田川に至る亀島川の下流の左岸(新川側)に、江戸幕府の御船手組屋敷が設置され、戦時には幕府の水軍とし、平時には天地丸など幕府御用船を管理した。大坂の陣で水軍を率いて大阪湾を押さえた功績により、御船手頭に任ぜられた向井将監忠勝(1582-1641)をはじめ、向井家は代々将監を名乗り御船手頭を世襲したことから、亀島橋下流から隅田川に至る亀島川の左岸(新川側)を将監河岸と呼ぶようになった。また、1889年(明治22年)に東京湾汽船会社が設立され、御船手組屋敷跡に霊岸島汽船発着所が置かれ、房総半島伊豆半島大島八丈島などに向けて海上航路を運営し、明治・大正昭和期にわたり、港町の伝統を引き継いでいった。  (「八丁堀周辺 歴史案内〈新川〉」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」(絵図四つ切右下に「御舩手屋敷 向井将監」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図」(絵図左上・「松平越前守」上に「御舩手組屋敷」が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「佃島其二湊稲荷神社」(2-36)[図会中央下に湊稲荷神社(鉄砲洲稲荷神社)、富士塚が、神社左に稲荷橋が、その左に高橋が描かれている。また、湊稲荷神社(鉄砲洲稲荷神社)の亀島川対岸・高橋の右に描かれているのは御船手向井将監の屋敷と思われる。]

江戸湾開港の地 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向・階段上に江戸湊発祥跡のモニュメントがあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*