河村瑞賢屋敷跡

スポンサーリンク

マーカーは河村瑞賢屋敷跡説明板です。

河村瑞賢屋敷跡
[安治川淀川、中津川の治水工事を完成させたり、江戸と陸奥出羽との間の海運を開いたことで有名な江戸中期の土木家・河村瑞賢(1617年~1699年)は、南新堀一丁目に居住していました。瑞賢は、明暦の大火の時、木曾の木材を買い占めて、巨利を得たことでも有名で、塩町に入る南角から霊岸島一円がその住居であったそうです。(「中央区観光協会ホームページ・河村瑞賢屋敷跡」より)]
[江戸時代、この地域には幕府の御用商人として活躍していた河村瑞賢(1618-1699)の屋敷があった。瑞賢(瑞軒、随見とも書く)は、伊勢国の農家に生まれ、江戸に出て材木商人となる。明暦3年(1657)の江戸大火の際には、木曽の材木を買い占めて財をなし、その後も幕府や諸大名の土木建築を請負い莫大な資産を築いた。また、その財力を基に海運や治水など多くの事業を行った。瑞賢の業績の中でもとくに重要なのは、奥州や出羽の幕領米を江戸へ廻漕する廻米航路を開拓して輸送経費・期間の削減に成功したことや、淀川をはじめとする諸川を修治して畿内の治水に尽力したことが挙げられる。晩年にはその功績により旗本に列せられた。斎藤月岑の『武江年表』によると、瑞賢は貞享年間(1684-1688)ころに南新堀1丁目(当該地域)に移り住み、屋敷は瓦葺の土蔵造りで、塩町(現在の新川1丁目23番地域)に入る南角から霊巌島半丁一円を占めていた、と記されている。表門はいまの永代通りに、裏門はかって新川1丁目7番・9番付近を流れていた新川に面し、日本橋川の河岸には土蔵4棟があり、広壮な屋敷を構えていたようだ。『御府内沿革図書』延宝年間(1673-1681)の霊巌島地図を見ると、瑞賢が開削したとされる掘割に新川が流れ、その事業の一端を知ることができる。平成15年3月、中央区教育委員会 (「八丁堀周辺 歴史案内〈新川〉」より)]

「国立国会図書館デジタルコレクション」 – 「呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図

河村瑞賢屋敷跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向に河村瑞賢屋敷跡案内板があります。
<

スポンサーリンク