調番屋(三四の番所)

マーカーはカメラ位置です。

調番屋(三四の番所)
[大番屋は、江戸市中の自身番屋に拘留されている「縄付き」を連れてきて、町奉行同心が予審調書を作成する場所でした。現在でいえば大番屋は、警察の仕事としての「書類送検」、それを受けた検察の仕事としての、起訴するかしないかを「縄付き」を目の前に引きすえて決定する簡易検察庁兼裁判所の役割をした事務所だったようです。このうち現存する「江戸切絵図」で確認できるものは、材木町三丁目四丁目の俗にいう三四の番屋(現在の中央警察署庁舎のすぐ南)と、茅場町の大番屋(現在の鎧橋のの南詰辺)だけです。こうした大番屋の集中した理由は、八町堀地区が町奉行所の与力・同心の集住地区だったことと、「縄付き」を正式に容疑者として裁判にかける前に、事件の当事者間でできるだけ「内済」させるために、与力・同心がいわば私的な調整役として、取調べをする場所だったためです。なぜこのような「内済」が必要だったかというと、江戸時代は厳しい連座制ですから、一人の犯罪者が確立すると、思いがけないほど広範囲の多人数の人々が連座して、新しく「縄付き」が出たり、その結果としてコミュニティが壊滅することを防ぐためでもあります。  (「東京都中央区立図書館 – 郷土室だより – 中央区の”みち”(その4)」より)]

江戸幕府の連座制は『東京都中央区立図書館 – 郷土室だより – 中央区の”みち”(その2) – 連座制のチェーン』をご覧ください。

犯罪の”いちば”、与力・同心の役徳は「東京都中央区立京橋図書館 – 郷土室だより – 81.中央区の”みち”(その5)(PDFファイル:1599.81 KB)」をご覧ください。

[『大番屋』は一ヶ所ですが、その他に『調番屋(しらべばんや)』がありました。『調番屋』は、容疑者を取り調べるだけで、収容する機能はありません。この『調番屋』は八丁堀の周辺に8ヶ所に分散して置かれていました。識別のための俗称、通称は付けられていません。その中で、当時の町名である本材木町の三丁目と四丁目の間にあった『調番屋』だけは『三四の番屋』と呼ばれていました。それは、その『調番屋』が江戸町人には、こわい存在であったのでしょう。まさに『泣く子も黙る三四の番屋』であったのでしょう。  (「第488話 番屋づくし(華のお江戸の警察官その7) [歴史好きの素人が …」より)]

古地図 – goo 地図 – 八町堀霊岸嶋日本橋南絵図」(絵図左上・松平越中守の左・新場橋左下に三四バンヤが描かれています。)

カメラ位置は現在の新場橋西詰で、この付近に調番屋(三四の番所)があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*