須原屋茂兵衛跡

マーカーは日本橋1丁目西側です。

須原屋茂兵衛
[須原屋茂兵衛(すはらやもへえ)は江戸時代の版元。家号は千鐘房(堂)。万治元禄期より明治まで9代続いた。上方資本が幅を利かせる江戸時代初期より江戸地店として早くから台頭し、江戸出版業界最大手の地位を築き上げたことから、「江戸書林の魁」と呼ばれる。『武鑑』や『江戸切絵図』等の公的出版物を多く手がけたため、郭物を手がけた蔦屋重三郎との対比で「吉原は重三茂兵衛は丸の内」と詠まれた。須原屋茂兵衛からは暖簾分けにより須原屋伊八・須原屋市兵衛などが出て、いわゆる須原屋一統が繁栄した。
須原屋茂兵衛の本拠は紀伊国有田郡栖原村(和歌山県有田郡湯浅町栖原)で、屋号も之に由来する。苗字は北圃(畠)で、古くは河内国高安郡垣内村(大阪府八尾市垣内)領主垣内氏に仕え、共に栖原村に移り、帰農した。垣内氏とは江戸時代も深く結びつき、四・五代目は垣内氏の出である。また同村からは材木商栖原屋角兵衛も出たが、血縁関係はない。
初代茂兵衛は万治元年(1658年)江戸日本橋通一丁目に店を構えたと伝わるが、現存する最古の刊本は貞享元年(1684年)刊の木下義俊著『武用弁略』である。彌吉光長は、万治年間に江戸に奉公に出て、延宝末に独立して店舗を持ったと推定する。元禄2年(1689年)の『江戸惣鹿子』には左内町横町(現江戸橋一丁目交差点付近)の書物問屋として載る。左内町横町には他にも近江屋三左衛門・みすや仁兵衛・山口屋二郎右衛門・村上五郎兵衛が掲載されており、当町に書物問屋が集中していたことがわかる。元禄年中には表通りの日本橋通一丁目(現日本橋交差点付近)西側に進出した。
享保の改革では出版統制が行われたが、享保6年(1721年)には出雲寺和泉掾西村市郎右衛門・野田太兵衛・大和屋太兵衛・小川彦九郎と共に荻生徂徠六諭衍義』の売弘店に抜擢され、公との繋がりを鮮明にした。この時期には上方資本と江戸地店の新興勢力との対立が鮮明化し、享保12年(1727年)には江戸書物屋仲間中通組より新たに南組が独立し、類版禁止に関して抗争があったが、三代目茂兵衛は南組の代表人物であったと考えられている。
四代目恪斎の代には愈々隆盛を極めた。京柳馬場四条下ル所に仕込店を設けたのもこの頃である。
四代目死後は家督相続がうまく行かず、全体的な出版不況もあって家業も弛んだが、七代目茂広が出雲寺和泉掾との抗争に勝利して『武鑑』出版権を独占し、再興を遂げた。
幕末には分家に倣って薬種商も兼業した。
明治に入ると『太政官日誌』(現在の官報)や太政官布告など公的出版物を任せられたが、時流に乗れず没落した。博文館との教科書入札に敗れたことが契機とされるが、詳細不明。明治37年(1904年)廃業。  (wikipedia・須原屋茂兵衛より)]

『江戸買物独案内』画像データベース(早稲田大学)の江戸買物獨案内 上・下巻・飲食之部(上巻 / 内容画像26・下画右端)に須原屋茂兵衛が掲載されている。

「東都歳事記」・歳暮交加図.jpg(絵の場所はわかりませんが、絵左上に書肆[しょし]・江戸名所図会(版元が日本橋 須原屋茂兵衛と浅草 須原屋伊八)と見えるので、このページに貼り付けました。歳暮交加図の説明は「江戸散策 第8回 クリナップ」がおすすめです。)

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「歳暮交加図」(5-25)

カメラ位置は日本橋交差点で、日本橋通一丁目(現日本橋1丁目)西側に須原屋茂兵衛があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*