天ぷら 天兼

スポンサーリンク

マーカーは天ぷら 天兼です。

天ぷら 天兼
[明治36年 四ッ谷伊賀町(四谷三丁目付近)で初代 石鍋 兼吉 が天ぷら屋台を創業いたしました。その頃よりより海老や鱚、穴子などの小魚類 また油も質の良いものを吟味し、また腕も良かったので大変繁盛していました。当時、寿司や天ぷら等は、屋台で商売をするのが主流でした。また屋台と申しましても現代のそれとは違い、自店を高級と認める店は、屋台の普請にも気を使ったそうです。例にもれず、天兼の屋台も総ヒノキ作りの、立派な構えの屋台でした。またその頃は「天兼」という屋号もなく 天ぷらの兼ちゃん と親しまれていました。
大正になり、それまで屋台で商売をしていた寿司店 天麩羅店が徐々に店舗を構えるようになります。そんな風潮の中、ある銀行家のお得意様より「旦那も いつまでも屋台なんか引っぱってないで そろそろ店を構えたらどうだい? 資金なら後援するから」と、ありがたい申し出を受け、新宿三越裏に店舗を構えました。またその時、屋号を 天兼 と改めました。
第二次世界大戦後 運良く無事、帰還出来た 兼吉の子 七郎 が店のあった場所に行ってみると、そこには店など跡形もなく、またその土地の所有権を主張する輩までいました。
しかるべき所に訴え出れば裁判で取り戻すことも出来たようですが、毎日の食事にも事欠くような生活のなかではそんな余力はありません。途方に暮れた七郎でしたが、また何もないところから 天兼 の再建を目指します。幸いにも、戦前に天ぷら屋を営んでいた事を認められ、質の良いゴマ油の配給を受けられたので、先ずは闇市でコロッケを売り始めました。その後、昭和24年に新宿角筈(西新宿1丁目)に店を構えることが出来ました。
日本の復興と共に天兼の再建も軌道にのった昭和30年頃、小田急百貨店の建築計画がはじまります。天兼もその敷地内にありました。そこでそれまでの店は取り壊すこととなり、替わりに小田急百貨店の一画に移転することとなり、昭和36年 現在の天兼の店舗が出来上がり今に至ります。  (「天兼ホームページ」より)]

天兼 新宿小田急ハルク店 (テンカネ) – 新宿/天ぷら [食べログ]

天ぷら 天兼のストリートビューです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*