新宿末廣亭

マーカーは新宿末廣亭です。

新宿末廣亭
[新宿末廣亭(しんじゅくすえひろてい)は、東京都新宿区新宿三丁目にある寄席である。都内に4軒存在する落語定席の一つで、落語を中心に、漫才・俗曲などの色物芸が演じられている老舗(「色物」という言葉は寄席に由来する)。末廣亭は、常用漢字である末広亭と表記されることも多く、末広亭の外に掲げられた提灯の中には末「広」亭と書かれたものもある。なお、かつて人形町に存在した寄席「人形町末廣」とは全くの別物である。
明治30年(1897年)創業。元々は堀江亭という名前で営業していたものを明治43年(1910年)に名古屋の浪曲師の末広亭清風が買い取って末廣亭とした。当時は現在地よりもやや南寄りの区画に立地していた。大正10年(1921年)3月の新宿大火で類焼し、復興事業による区画整理で現在地に移転した。そのころ経営の主体も末広亭清風の息子の秦弥之助に移る。昭和7年(1932年)に日本芸術協会の発足に伴い落語定席になる。昭和20年(1945年)第二次世界大戦により焼失したが再建を果たせず、戦前に下谷の竹町で寄席・六三亭を経営した経験があった北村銀太郎が当時の落語界の重鎮であった柳亭左楽(5代目)のすすめで昭和21年(1946年)3月に再建し、初代席亭と呼ばれる。昭和26年(1951年)3月に株式会社新宿末廣亭設立。昭和30年(1955年)に二階席を増設した。当時の落語ブームに乗って昭和36年(1961年)に「お笑い演芸館」でテレビ中継進出も果たし、以降「日曜演芸会」、「末廣演芸会」と番組内容とタイトルを変更しつつ昭和56年(1981年)まで続く長寿シリーズになった。戦後から続いていた落語ブームが下火になって以降も若手二つ目の勉強の場として深夜寄席を継続開催しており、平成15年(2003年)9月には改装工事を実施して椅子席を150席から117席にしてスペースをゆったりさせた。トイレも近代的になり、快適に鑑賞できる環境が整備された。
新宿末廣亭・wikipedia-photo  (wikipedia・新宿末廣亭より)]

新宿末廣亭のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*