新宿 中村屋

スポンサーリンク

マーカーは新宿 中村屋です。

新宿 中村屋
[株式会社中村屋(なかむらや)は、東京都新宿区に本社を置く、老舗の食品メーカー。
一般には老舗の「新宿中村屋」で知られる。和菓子・洋菓子の他、菓子パン、中華まん、レトルト・缶詰のカレー等を製造販売している他、いわゆるデパ地下やショッピングセンター等に菓子の名店として出店(直営店160店)、レストラン(直営店20店)を営業している。
関東で販売される中華まんのシェアトップを占めており、コンビニエンスストア向け業務用食品にも商品を持つ。
その他事業として、旧・笹塚工場跡地に地上18階建ての「笹塚NAビル」を所有し、賃貸事業・スポーツクラブ事業をおこなっている。
売上比率は菓子事業64%、食品事業20%、レストラン事業13%、賃貸事業1%となっている。(2006年現在)
現在日本で食べられている中華まんは、大正14年から昭和2年発売日まで改良を加えられて、日本人の口に合うように工夫されたものである[4]。また、クリームパンを日本で初めて販売しており、カレーパンと共に有名である。
●1901年(明治34年)12月 現文京区本郷東京大学正門前にあったパン販売店中村屋を相馬愛蔵夫妻が買い取り、個人経営で創業。夫婦ともに学校出であったことから「書生パン屋」と呼ばれて繁昌した。
●1909年(明治42年)9月 新宿(現在の本店)に移転し各種菓子や缶詰等の製造販売も始める。
●1927年(昭和2年)6月 喫茶部を開設、カリーライスとボルシチを売り出す。
●1945年(昭和20年) – 東京大空襲により本店、寄宿舎、工場など焼失。
●1946年(昭和21年) – 中村屋焼け跡に尾津組が不法占拠し闇市が出来る。
●1948年(昭和23年) – 売店と喫茶室の営業を本格的に再開。
●1979年(昭和54年) – 本店、「シェモア新宿中村屋」として新装開店。
●2014年(平成26年) – 中村屋本店跡地に商業ビル「新宿中村屋ビル」がグランドオープン。  (wikipedia・中村屋、「新宿中村屋ホームページ」より)]

Manna (新宿中村屋 マンナ) – 新宿三丁目/カレーライス [食べログ]

カメラ南南西方向が新宿 中村屋です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*