石川将監屋敷跡(歌舞伎町)

マーカーはカメラ位置です。

石川将監屋敷跡

石川将監(石川忠房)
[石川 忠房(いしかわ ただふさ、宝暦5年12月13日(1756年1月14日) – 天保7年1月18日(1836年3月5日))は、江戸時代旗本。伊丹左兵衛勝興の次男で、石川忠国の養子。幼名は岩次郎。通称太郎右衛門、六右衛門。官途は従五位下、左近将監。遠山景晋中川忠英と共に文政年間の能吏として称えられた。実子は早世し、大屋四朗兵衛正己の三男の六右衛門忠良を養子とした。
宝暦13年(1763年)、石川鍋八郎忠国の養子になり、明和元年(1764年)8月に家督を継ぐ(家禄300俵)。安永2年(1773年)12月大番天明8年(1788年)大番組頭となる。寛政3年(1791年)に目付に就任、同年12月に布衣を許される。寛政5年(1793年)通商を求めたロシアの使節ラクスマンとの交渉役となり、幕府は彼に対して同じく目付の村上義礼とともに「宣諭使」という役職を与えた。根室で滞在していたラクスマンを松前に呼び寄せ会談を行い、忠房は鎖国の国是のため長崎以外では交易しないことを穏便に話し、長崎入港の信碑を渡して、ロシアに漂流していた大黒屋光太夫、磯吉の身柄を引き受けた。寛政7年(1795年)作事奉行となり、12月17日に従五位下、左近将監に叙任された。
寛政9年(1797年)勘定奉行となる。寛政10年より道中奉行を兼帯し、駅制の改革をした。中山道安中宿が人馬の継ぎ立てに苦しんでいたので、定助郷19ヶ村の外に24ヶ村を増助郷として追加し負担を軽くし、慕われて生神として祀られた(石川忠房の生祠として現存、また群馬県桐生市堤町にも現存する)。また、寛政13年(1801年)には兼帯で蝦夷地御用掛を命じられ根室、知床方面を巡検した。文化3年(1806年)12月西丸留守居役に就任。文化5年(1808年)10月小普請支配となり、文政2年(1819年)9月勘定奉行に再任。文政11年(1828年)8月本丸御留守居役となる。天保7年(1836年)に82歳で没し牛込(現新宿区原町)の幸國寺に葬られた。既に養子の忠良は没していたため、翌8年に孫の石川太郎左衛門忠敏が家督を相続した。
和歌に秀でており、ラクスマンが帰国した時には「異国の 船ふきおくれ 日本の たみを恵みの 天津神かぜ」(蝦夷乱届書)と詠んでいる。また、この松前派遣時の和歌集「石川左近将監詠草」(写本だが北海道大学蔵)がある。  (wikipedia・石川忠房より)]

勝 小吉(勝 海舟の父)と石川忠房・忠敏と関わり
[『夢酔独言』より
十一の年(文化9年 1812年)。駿河台に(住む)鵜殿甚左衛門と云う剣術の先生が、ある御簾中 様の御用人を勤む「忠也派一刀流にて名人」 とて友達が咄しおった故、門弟になった。 木刀の形ばかり教えおる故、いい事に思って精を出していたが、左右とか云う伝授を呉たよ
その稽古場へ俺が頭の石川右近将監の息子(石川太郎左衛門忠敏)が出でしが、俺の高や何かを能よく知っている故
大勢の中で俺が高はいくらだ 四十俵では小給者だ とていつも笑いおるが、不断(普段)のこと故
俺も頭の息子故 内輪(に)しておいたが、色々馬鹿にしおる故、或あるとき木刀にて思うさま叩き
散らし、悪態を吐いて泣かしてやった。師匠にひどく叱られた。
今は石川太郎左衛門とて御徒頭おかちがしらを勤めているが、古狸にて今に なんなもならぬ、女を見たような馬鹿野郎だ。

その三年後、一四歳で家出したとき話を聞いて許してくれたのが石川将監でした。
”わたしのひとり言”
小吉が勝家を相続するとき、わずか7歳でした。しかし「判元見届」の際、小吉は無理して「年は当十七歳」と答えています、その時に『ふけた17才』だと石川将監は大きな口を開け大笑いしたそうです。
忠房は、小吉の幼少からの付き合いがあり、就活(逢対)にも尽力したようですが、結局、小吉は生涯無職でした。その彼のやんちゃな生き様を記したのが『夢酔独言』です。痛快で、彼の人生がはっきりと理解できます。  (「忠房と勝小吉さま(勝海舟さまの父上)のこと ( 歴史 ) – 勘定奉行石川」より)]

歌舞伎町
[昭和20年角筈1丁目北町町会長鈴木喜兵衛は、復興協力会を立ち上げて府立五女(中野区に移って富士高校)の跡地を含む一帯を、銀座浅草をミックスしたような庶民娯楽センターにして、歌舞伎の「菊座」をはじめとして映画館・演芸場・ダンスホールなどを集中した歓楽街を作ろうと計画、区画整理を行い、昭和23年角筈1丁目の北半と東大久保の一部を併せた町域を、時の都知事安井誠一郎が「歌舞伎町」と命名した。名付け親は地域にふさわしい名前ということで都建設局長石川栄耀(ひであき)が「歌舞伎座建設が目的なら」と提案したのが採用されたものだ。しかし種々の理由により歌舞伎劇場建設は頓挫した。そこで計画されたのが日米合弁の国際百貨店構想だが、それも資金の目処が立たず不発におわった。それで当時日本各地で開かれていた内国博覧会を開催することとし、同25年東京産業文化平和博覧会を開催したが6千万円もの大赤字を背負い込んだ。
しかし怪我の功名、残った施設が娯楽施設に転用できて、結果として本来の目的が達成できることとなった。この町が歓楽街になったのは同28年頃からで、同31年「菊座」に代わる「新宿コマ劇場」が誕生し、同32年頃に追分(伊勢丹百貨店の一帯)の賑わいを抜いた。
角筈村の内。江戸時代大筒角場(試射場)の一部・旗本石川氏ほかの武家地・大久保の森林。  (「【カブキチョウ】歌舞伎町の由来 1丁目~2丁目 – すむいえ情報館」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [20]拾九貞(嘉永五年・1852年)」(コマ番号2/13・地図下左に全龍寺、右に石川将監、大筒角場が描かれています。コマ番号5/13・地図右上に大筒角場が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [19]拾九貞(嘉永五年・1852年)」[コマ番号38/137・天保14年(1843年)之形左ページ、大筒角場左に石川太郎左衛門(石川忠房の孫)と記述されています。コマ番号39/137・当時之形左ページ、大筒角場左に石川将監と記述されています。)

カメラ位置は歌舞伎町交差点で、カメラ北北東方向が新宿東宝ビルです。新宿東宝ビルの大部分と道路両サイド周辺が石川将監屋敷跡と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*