策(むち)の井跡

マーカーは策(むち)の井跡案内板です。

策(むち)の井跡
[もとは、新宿西口の「新宿エルタワービル」付近にありましたが、現在は蓋をされて、同ビル西南隅の植栽にモニュメントが建てられています。 この井戸が『策の井』といわれるゆえんは、徳川家康鷹狩りの帰途、汚れた「策」を洗ったという伝承によります(『江戸砂子』より)。家康は、晩年は駿府へと隠退し、「大御所」と称されていましたが、年に何度かは江戸城に滞在して将軍徳川秀忠に進言していました。江戸城にいるときは頻繁に鷹狩りに出ていたため、このような伝承も根拠のある言い伝えといえるでしょう。『策の井』は、四谷の松平摂津守(美濃高須藩)の下屋敷の庭内にあり、「名井」・「名湧水」との噂を聞きつけた家康がわざわざ立ち寄ったともいわれています。  (策の井 – 新宿観光振興協会より)]

「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 内藤新宿千駄ヶ谷絵図」(絵図右上・西方寺左上に松平範次郎(松平義勇・美濃高須藩)下屋敷が描かれています。)

カメラ東南東方向・植栽の中に策(むち)の井跡のモニュメントと説明板が設置されています。