馬水槽

マーカーは馬水槽です。

馬水槽
[赤大理石で造られた水槽で、前面の上部が馬用、下部が犬猫用の水飲み場、その裏面が人間の水飲み場になっています。世界でも数少なく貴重な史跡として、新宿区指定文化財に選ばれています。
東京の水道の”育ての親”である中島鋭司博士が、明治34年ごろに欧米諸国を視察した際、ロンドン水槽協会から東京市に寄贈されたもの。明治39年に東京市役所前(現在の東京国際フォーラム)に設置され、大正初期までは荷馬車をひいた馬がこれを利用する光景も見られました。 大正7年に麹町の東京市水道局守護門前に移され、関東大震災の被害を受けてからも各地を転々とし、昭和39年現在地に設置。一般公募の結果、「みんなの泉」と名づけられました。  (「馬水槽 – 一般社団法人新宿観光振興協会」より)]

カメラ東方向・擁壁前に馬水槽が設置されています。

馬水槽前の360citiesです。