二葉保育園法人本部

マーカーは二葉保育園法人本部です。

二葉保育園法人本部
[二葉保育園は、1900年(明治33)に華族女学校付属幼稚園に勤務していた野口幽香と森島美根によって設立された。二人は貧児にも華族幼稚園の子どもたちと同じ様に保育したいと願い、麹町の借家で6人の子どもたちを集めて開園した。
 創立当時から貧民子女のための慈善幼稚園として歩み始め1906年(明治39)に麹町より四谷鮫河橋(明治の三大貧民窟のひとつ)に移転し、200名以上の児童を入園させ、親へも働きかけ地域の向上に尽くした。
 1916年(大正5)当時、既に乳幼児も頼まれて保育していたので、事業や社会制度の変化に合わせて幼稚園から保育園に名称を変更した。同じ年に内藤新宿南町(後の旭町)に分園を設立した。大正期には乳幼児の死亡率増加に伴い、母性保護が叫ばれ始め、本園には「母の家」を設立、分園でも小学部設置、少年少女クラブなど事業を広げていった。関東大震災により分園は焼失するが、人々の求めに応じて再建された。
 1939年(昭和10)には深川に母の家と保育園を開設した。しかし1945年(昭和20)の東京大空襲下に焼失し、入居者及び職員の犠牲を出すに至った。のみならず本園も焼失し、旭町分園のみ焼け残った。終戦後旭町分園から事業を再開し、1948年(昭和23)の児童福祉法施行により元鮫河橋(南元町)に乳児院、南元町保育園を開設、大正期より少年少女のキャンプ地であった調布上石原に養護施設及び母子寮を開設した。その後旭町の保育園は国領に移転し、現在は四谷に乳児院、保育園、調布に児童養護施設、国領に保育園を開設している。  (「社会福祉法人 二葉保育園:100年の歩み」より)]

カメラ西南西方向が二葉保育園法人本部です。