法蔵寺

マーカーは法蔵寺です。

法蔵寺
[「四谷南寺町界隈」による法蔵寺の縁起
若葉1丁目1番地6(元は四谷区南伊賀町89番地)浄土宗増上寺末にて、五却山思惟院という。江戸砂子には弁財院と記すゆえ弁財天ありしものか、今はなし。
初めは三河国大樹寺末にて、開山は乗蓮社大誉聖人(慶長19年甲寅8月2日寂)、三河西松平福釜氏(十八松平の一、今福鎌氏と書き、三河福釜の出にて福篭とも書く)家康の異腹松平兵庫頭親良、天正19年に三河法蔵寺を江戸に移して、兵庫頭の自邸に開いたというのが始まりである。法蔵寺が江戸へ来て、増上寺末と変わったものと思われる。
このことは「再校江戸砂子」に簡明に載せてあるので、一応それを再記してみると、
当寺は三州四谷(この地名は原本筆者の誤り、福釜なり、福釜は三河国碧海郡安城町福釜、今安城市なり)、法蔵寺のうつし也。天正19年(1591)、開基松平兵庫頭やしきの内にあり。開山乗蓮社大誉和尚。当寺境内表通り町より、さめか橋まで寛永年中御用地となる。住持の僧替地を願はざるにより、すでに退転に及ぶべき所、開基の三代目松平甚三郎の再願尽力により焼場所の地所跡に建立した。これが今の境内である。
「東都伽藍記」には968坪とある。この寺の前の坂を法蔵寺坂といい、或いは法蔵寺横丁の地名が付けられている。(四谷南寺町界隈より)  (「法蔵寺|新宿区若葉にある浄土宗寺院 – 猫の足あと」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図」(絵図中央左方向に法蔵寺が描かれ、法蔵寺の下に法ゾウジヨコ丁と記述されています。この時代法蔵寺横丁は鮫河橋谷町とは接続されていませんでした。)

カメラ東北東方向が法蔵寺山門です。